この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

サクラクレパスのペンケースを買ってみました。

ノータム ペンケース 大 UNS-56#9 アイボリー
サクラクレパス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノータム ペンケース 大 UNS-56#9 アイボリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
使っているペンタブレットのペンやバッテリーなどを運ぶ時の為に、このサクラクレパスのノータム ペンケース 大を買ってみました。





■ 小もありますが、買ったのは大の方です。

ノータム ペンケース 小 UNS-55#9 アイボリー
サクラクレパス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノータム ペンケース 小 UNS-55#9 アイボリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
こちらの小というサイズもありましたが、ペンタブレットの予備のバッテリーも入れたかったので、大の方を買いました。

また、色はアイボリーの他にブラックとブルーがあり、ブラックやブルーの方が汚れが付いても目立たないので、そう言った意味ではブラックやブルーの方が長く使えるかもしれませんが、白っぽい色の方が個人的に好きなので、アイボリーを買いました。

ただ、ペンタブレットのペンの芯は、実際には書く事ができないので、鉛筆やシャーペンの芯みたいにペンケースに色が付いてしまうという事も無いですし、ペンの類いは、ペンタブレットのペンしか入れる気が無いので、今回はペンの芯でペンケースが汚れてしまうという心配はありません。
(使っているペンタブレットのペンの芯は、ポリアセタール樹脂製の樹脂の芯です)

なので、鉛筆などを入れるのに、このペンケースの購入を検討される場合は、ブラックやブルーを買った方良いかもしれません。





■ ペンタブレット本体にもペンホルダーがありますが、ペンケースを買いました。

画像
ペンケースに入れているのは、この写真のもので、左からペンタブレットに付属のペン、無線接続用のレシーバー(受信機)、予備のバッテリーの3点です。

また、ホッチキスの芯などが知らない間に混入してバッテリーがショートしたり、レシーバーの端子の所に異物が入ったりするのを防止する為に運ぶ時はチャック付きのビニール袋に入れています。



画像
使っているペンタブレットは、この写真のようにペンやレシーバーを収納する事ができます。

ただ、写真のようにペンを収納する時にはペンの側面がペンタブレット本体と擦れてしまう構造で、何度もペンを収納したり、取り出したりしている内にペンの側面が少し削れてきています。

また、レシーバーを完全に収納すると、蓋がされる構造になっていますが、少し柔らかめのプラスチックのような材質で、レシーバーを出し入れする時は、この蓋の根元を曲げないといけないので、何度もレシーバーを出し入れしている内に折れそうな気がします。



画像
写真ではわかりにくいですが、この写真の矢印の所の辺りが少し削れてきています。

また、ペンの収納や取り出し時に、レシーバーの蓋になる所にもペンが擦れてしまいますが、レシーバーの蓋になっている所は他よりも材質が柔らかいのかペンタブレット本体は、レシーバーの蓋になっている所にだけペンの収納や取り出しによるものかなと思うキズが付き始めています。


絵を描いたりする為にペンタブレット本体の芯が擦れる所のキズは仕方ないですが(保護シートを貼ると書き味が変わると思うので最初から貼っていません)、キズを付けずに済む所は、できればキズを付けたくないので、今回ペンケースを購入しました。



TRUSCO チャック付ポリ袋 0.08mm厚 85X60mm 200枚入 TCBB8TM
トラスコ中山(TRUSCO)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TRUSCO チャック付ポリ袋 0.08mm厚 85X60mm 200枚入 TCBB8TM の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
話が少しズレますが、上で書いたチャック付きのビニール袋は、こう言ったものを100円ショップで適当に探してきて使っています。

同程度のサイズのものを買う場合、ホームセンターで買った方が枚数的な割合では安いですが、100円ショップの少量の枚数が入ったものでも使い切るまでに5年程度は掛かるので、ビニールが劣化して破れやすくなるなどを考えると、100円ショップで買った方が良いのかなと思い、100円ショップで買っています。
(使う枚数が少ない場合は、100円ショップで買った方が良いと思います)

また、私と同じようにペンケースにペン以外のもの(電池など)を入れる場合に、安全の為にチャック付きのビニール袋を購入される場合は、実店舗で買った方が入れる物を持って行って現物と照らし合わせる事ができるので、不必要に大きすぎたり、小さすぎたりする物を買わずに済みます。
(ネットなどの通販で購入される場合は、入れる物のサイズの計測とビニールのサイズの確認が必要だと思います)





■ サクラクレパスのノータム ペンケース 大

画像
今回は、ネット通販で購入しましたが、実店舗で販売する時に吊す為のものが付いていたので、それを切る必要がありました。
(書かなくても大丈夫だと思いますが、ペンケース本体まで切ってしまわないように注意が必要です)

また、メーカーの商品紹介ページの写真だけを見ていると、厚みがありそうに見える場合もあるかもしれませんが、表記されているサイズの通り厚みはありません。



画像
ただの飾りかもしれませんが、反対側にもストラップなどを付けられそうな所があります。



画像
ペンケースの裏側は、柄もなく無地です。



画像
店舗側で入れてくれているのか、メーカーが入れてくれているのかはわかりませんが、型崩れ防止用のスポンジが入っていました。

普通はゴミになる物なので、メーカーが入れていたとしても、店舗側で抜いて販売している所もあるかもしれません。


ですが、今回、上で書いた3点をスポンジが入ったまま入れてみると、丁度良い具合にペンケースの中で入れた物が固定されて丁度良い具合になったので、このスポンジは入ったままにして使っています。

また、入れた物を衝撃から守るという意味では、このスポンジは入ったままの方が良いかもしれません。
(スポンジを入れたままでも入れたい物が入る場合)



画像
スポンジを取ると、ペンケースの中は、こんなです。

個人的な感想ですが、手で触ると、厚みが0.5mm~1mm程度の薄いスポンジを貼り付けたようなフワフワとした手触りです。


今回は、ペンが入れば何でも良いかなというような考えでサイズと色だけを見て安い物を適当に買いましたが、ペンタブレットのペンなどは電子部品が使われているので、衝撃から守るという意味では、このペンケースを買って良かったかなと思います。
(使い始めたばかりなので、耐久性はまだわかりません)



画像
今回は、ここが悪かったという所が今の所見当たりませんでした。

あえて悪い所を挙げるなら、店舗で陳列する為の引っ掛ける所と、ストラップなどを付けられそうな所が近すぎるので、切る時に切りにくかった事ぐらいでしょうか。
(今の所、個人的に悪いと感じた所は、このぐらいです)


このサクラクレパスのペンケースがお勧めという事もありませんが、お店に在庫があれば、実店舗で買った方が手に取って手触りなどを確かめたりできると思いますし、他のペンケースと比べたりもできると思うので、お店に行って他のペンケースと比較しながら実店舗で買った方が良いかもしれません。

また、ビニールでパッケージしてあって中を見る事ができないというようなペンケースもありますが、大きな店舗に行くと、その見本品が置いてある場合もあります。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント