この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

ロードバイクからのブレーキの取り外し方

ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古
サイクリー
製品情報カテゴリブレーキ関連 ブレーキ本体 サイドプルブレーキ メーカーシマノ年式-色状態ランクC(


楽天市場 by ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
現在使っているロードバイク(自転車)に標準で取り付けされていたブレーキに、がたつきなどが出てきたので、ブレーキがかけられないなどの問題は起きていませんでしたが、何かが起きてからでは遅いので、保守的にブレーキをこのBR-R560に交換をしました。

下記は、ブレーキを取り外した時の事などです。
(ブレーキの交換時にした作業の記事のリンクはこちらの記事にまとめてあります)

人によって、やり方が違うと思いますが、私は下記のようにブレーキを取り外しています。

ブレーキの取り外しの参考にして頂いて構いませんが、やり方によっては怪我したり、自転車にキズを付けたりする可能性などもありますので、自己責任で作業頂くようにお願いします。

また、下記の内容を読まれて作業に自信が無い場合、工賃を取られるかもしれませんが、購入店などで作業をお願いした方が良いと思います。






■ ブレーキの交換理由の詳細

画像画像
ホイールを外す時に、タイヤがブレーキシューに引っ掛かって外せないと言うのを緩和する為のレバーが右側の写真の所まで動くようになってしまいました。

このブレーキの場合、本来は左側の写真の所までが最大値です。
(写真にはありませんが、本来の位置で止める為の引っ掛かりが、振動などで摩耗している状態です)

また、このレバーのぐらつきやブレーキに取り付けされているバネが弱くなってブレーキレバーの戻りが悪くなると言う問題も発生していました。
(ブレーキ用のアウターワイヤー、インナーワイヤーを変えてみても、多少改善するだけで状況は同じでした)


そして、適合する補修パーツも無く、使用距離も長い(9万キロほど)ので、上記にも書きましたようにブレーキがかけられないなどの問題は起きていませんでしたが、何かが起きてからでは遅いので、保守的にブレーキをBR-R560に交換をしました。


ちなみに、BR-R560はフレームにヒビが入ったロードバイクから取り外して保管しておいたものなので、交換の手間だけで今回は出費がありませんでした。


ホイールを外す時に、タイヤがブレーキシューに引っ掛かって外せないと言うのを緩和する為のレバーについて

時々このレバーでブレーキの開き具合を調整している方を見かけますが、このレバーはブレーキの開き具合を調整する為のレバーではありません。
(完全に閉めないと、走行時の振動で動く可能性があり、レバーが動くとブレーキの制動力が変わるので危険です)

説明書にも、ホイールの取り付けが終わったら、このレバーを完全に閉めるように書いてあります。






■ 使用した工具について

今回のブレーキの取り外しには下記の工具を使用しました。
同じタイプのブレーキでも、取り外しに必要な工具が変わる可能性もあると思いますので、その場合は適合する工具を使って下さい。



5mmの六角レンチ(アーレンキー)

ご家庭に1つぐらいはあると思いますが、無ければホームセンターなどで1本数百円程度で売っているので、ホームセンターなどで購入して下さい。
(ネジが硬い場合があるので、狭くて工具が入らないと言った理由が無ければ、画像のようなボールポイント付きのロングタイプのものが良いと思います)

100円ショップの六角レンチを使った事もありますが、ネジに合わせる所が直ぐに変形するや短いのでネジが硬い場合に手が痛いなどの理由で私はダメでした。

最近は、PBの六角レンチを使っていますが、数百円程度の六角レンチよりも耐久性が高く、壊れるまで使うならこちらの方が結果的に安くなると言う理由なだけなので、使用頻度が低ければホームセンターなどで売っている1本数百円程度で買えるもので十分です。



パークツール(ParkTool) プロフェッショナルケーブルカッター CN-10
PARKTOOL(パークツール)
2012-03-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パークツール(ParkTool) プロフェッショナルケーブルカッター CN-10 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ケーブルカッター

エンドキャップを外すのに使います。

どうしても外れない場合は、エンドキャップの所だけワイヤーを切って対処していますが、私の場合は、このCN-10のエンドキャップの圧着カ所を使って潰れたエンドキャップの形状をある程度元に戻してエンドキャップを外すと言う風にしています。

今の所、自分で取り付けしたエンドキャップは、この方法で外れなかった事がありませんが、店舗で取り付けされたエンドキャップは外れないので、最小限(エンドキャップの所だけ)インナーワイヤーを切り落としています。


上のCN-10で圧着したエンドキャップなら、ペンチなどでも取り外す事ができますが、1度やってみた所かなりの力が必要でした。
(使う工具にもよるとは思いますが)


インナーワイヤーを切る場合は、ニッパーなどでも切る事ができますが、使うものによっては(細い銅線などを切るのを目的にしたニッパーなど)刃がダメになりますし、切るまでにかなりの時間が掛かります。

その上、インナーワイヤーの切り口がぐちゃぐちゃになりますので、アウターワイヤーから引き抜くと再度アウターワイヤーに通すのが困難になります。


個人的には、安いケーブルカッターでも良いので、自転車用のケーブルカッターを買った方が良いのではないかと思います。
(上のCN-10の様にエンドキャップの圧着カ所が付いていない場合もあるので、必要な場合は、ご注意下さい)





■ 前ブレーキの取り外し方法

画像画像
まず、エンドキャップを取り外します。

エンドキャップの取り外しは、左側の写真のようにしてエンドキャップを軽く潰して少し回すを繰り返して、できるだけ元の円形に戻す事でエンドキャップが外れます。

どうしてもエンドキャップが外れない場合は、右側の写真のようにしてエンドキャップのギリギリの所で切り落としています。



画像
次に、ワイヤーを固定しているボルトを緩めます。

ここでの注意点

奥まで工具を差し込んでからネジを緩めないとネジなめの原因になります。

また、長期間放置していると、ネジ山に塗布されているグリスが切れた状態になっている事があります。
このグリスが切れた状態でネジを緩めると、ネジを緩める時にネジが微振動をする場合があります。

この微振動が工具から手に伝わって素手だと痛いという場合がありますので、その場合は手袋などをします。



画像
そして、何もしないままワイヤーを固定しているボルトを緩めると、ブレーキが一気に広がり、ブレーキ本体の部品同士が勢い良くぶつかる(写真の矢印の所)と言う事が起きます。
(ブレーキ本体にキズが付く原因になると思います)

このブレーキ本体の部品同士が勢い良くぶつかるのを防ぐには、もう片方の手で左右のブレーキシューの所を挟み込んで、ワイヤーを固定しているボルトを緩めた時に手の力で一気に広がらないようにします。

もし完全にぶつからないようにしたい場合は、ぶつかる所に汚れても良い布などを挟んでおくなどして下さい。




画像
ワイヤーを固定しているボルトを緩めたら、この写真の様にワイヤーをブレーキから引き抜きます。

ここでの注意点

写真では、ワイヤーを固定している部品やボルトを取り外していますが、完全に取り外さなくてもワイヤーは引き抜けると思います。

また、取り外したブレーキを再度使う場合は、部品の紛失防止の為にワイヤーを引き抜いた後にワイヤーを固定するボルトを軽く締め直しておいた方が良いのかなと思います。




画像画像
次にブレーキをフロントフォークに固定しているナットを取り外します。

ブレーキを固定しているナットの取り外しは、ハンドルが真っ直ぐなままだと作業し難いので、ハンドルを少し切ってハンドルを少し斜めにします。

そして、工具を差し込みブレーキ本体をもう片方の手で持ちながらナットを緩めて最終的にナットを取り外します。

ナットの工具を合わせる所に砂などの異物が入って工具が入らない場合

長期間放置していると、走る時にタイヤが巻き上げた砂などが左側の写真のようにブレーキを固定しているナットの所溜まって工具が入らないと言った場合があります。

この場合、私は下記のようにしています。



画像
ナットの工具を合わせる所に砂などの異物が入って工具が入らない場合は、ナットを緩めるサイズの六角レンチ(5mm)の反対側にあるボールポイントの所を差し込んで円を描くようにしてグリグリしてある程度入り込んだら抜くを何度か繰り返していると、工具を使えるレベルまで砂などの異物を取り除けます。
(この丸くなった所での本締めは無理ですが、写真のように先が丸くなったボールポイント付きという六角レンチがあります)


ここでの注意点

ここでの注意点は、上で書きました注意点と同じですが、奥まで工具をしっかりと差し込んでネジなめしないようにすると言う事と、ネジを緩める時の微振動で手が痛い場合があると言う事だと思います。

また、ブレーキを固定しているナットを緩める時は、ワイヤーを固定しているボルトを緩める時に比べて、より自転車が傾く方向に力が掛かるので、自転車が倒れないように注意が必要です。
(自転車にまたがりながら緩めるなどすると、自転車が倒れるのを防げます)




画像
ナットを取り外すと、こう言ったものが出てきます。

ブレーキを再度使う場合は、一時的にトレーなどに入れて無くならないようにしておきます。



画像
ナットを取り外し終わったら、ブレーキ本体を矢印の方向へ引っぱるとブレーキを取り外せます。

ここまでの作業で前ブレーキの取り外しが完了したと思います。

ここでの注意点

ブレーキのボルトが穴に入っている角度に対して真っ直ぐ引っぱります。






■ 後ろブレーキの取り外し方法

後ろブレーキの取り外しは、ただ単に固定している位置が違うだけなので注意点なども省略して書きますが、後ろブレーキは下記のように取り外します。
(後ろブレーキも前ブレーキと取り外し方は基本的に同じです)



画像
前ブレーキと同様にエンドキャップを取り外した後に、ワイヤーを固定しているボルトを緩めてワイヤーを引き抜きます。



画像画像
ブレーキを固定しているナットは、ブレーキの反対側にあります。

このナットに工具を差し込み、ブレーキ本体をもう片方の手で持ちながらナットを緩めて最終的にナットを取り外します。



画像
ナットを取り外すと、こう言ったものが出てきますが、前ブレーキに比べると、後ろブレーキのナットは短いです。

ブレーキを再度使う場合は、前ブレーキの時と同様に一時的にトレーなどに入れて無くならないようにしておきます。



画像
ナットを取り外し終わったら、ブレーキ本体を矢印の方向へ引っぱるとブレーキを取り外せます。

ここまでの作業で後ろブレーキの取り外しが完了したと思います。



関連記事
ロードバイク(自転車)のブレーキ(BR-R560)の記事のまとめ

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント