この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

ロードバイクへのブレーキ(BR-R560)の取り付け(その2)

ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古
サイクリー
製品情報カテゴリブレーキ関連 ブレーキ本体 サイドプルブレーキ メーカーシマノ年式-色状態ランクC(


楽天市場 by ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
文字制限に引っ掛かった為、この記事の続きです。
(最初からご覧になる場合は、【この記事】の所をクリックして下さい)

現在使っているロードバイク(自転車)に標準で取り付けされていたブレーキに、がたつきなどが出てきたので、ブレーキがかけられないなどの問題は起きていませんでしたが、何かが起きてからでは遅いので、保守的にブレーキをこのBR-R560に交換をしました。
(ブレーキの交換時にした作業の記事のリンクはこちらの記事にまとめてあります)

ロードバイクへのブレーキの取り付けは、基本的には取り外し時の逆手順をするだけですが、下記のように取り付けをします。
(ロードバイクのブレーキの取り外しは、この記事をご覧下さい)

人によって、やり方が多少違うかもしれませんが、私は下記のようにブレーキを取り付けしています。

ブレーキの取り付けの参考にして頂いて構いませんが、やり方によっては怪我したり、自転車にキズを付けたりする可能性などもありますので、自己責任で作業頂くようにお願いします。

また、下記の内容を読まれて作業に自信が無い場合、工賃を取られるかもしれませんが、購入店などで作業をお願いした方が良いと思います。

また、ブレーキの互換性を無視した場合の危険性をご存じで無い場合は、この記事の 【■ ブレーキには互換性があります。】 と言う所も合わせてご覧下さい。





■ 前ブレーキの取り付け方法(続き)

下記の内容は、ロードバイクにBR-R560(前)を取り付けした時の様子です。

見た目が同じタイプのブレーキでもブレーキのモデルによって取り付け方法が多少違う可能性もあると思いますので、違う型番のブレーキを取り付けされる場合は、説明書も確認の上、取り付けして下さい。



画像画像
アウターワイヤーのキャップの所だけケーブルカッターで切り、再度インナーワイヤーを通し直すと、左側の写真のようになります。

そして、左側の写真の状態のワイヤーをブレーキのワイヤーを通す所に通すと、右側の写真のようになります。

ワイヤーは、できるだけ他のものに当たらないカ所を通します

ワイヤーの通すカ所は、できるだけ他のものに当たらないカ所を通します。

右側の写真をクリックして原寸大で見て頂くとわかると思いますが、フレームが削れて銀色になっているカ所があるのがわかると思います。

これは、アウターワイヤーがどうしてもフレームに当たる通し方になるので、走る時の振動でフレームが削れたカ所です。



Bazooka(バズーカ) プロテクションセット クリア
バズーカ(Bazooka)
2012-06-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bazooka(バズーカ) プロテクションセット クリア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
どうしてもフレームにアウターワイヤーが当たるカ所には、こう言った保護シールを貼っていましたが、長い間放置すると走る時の振動で削れてフレームなどの表面も削れてくると言った事が起きます。

他にもブレーキ本体にワイヤーが当たっていればブレーキ本体も削れてきますし、ワイヤー同士が当たっていればアウターワイヤー同士が当たっている表面が走る時の振動で削れてきます。

また、アウターワイヤー同士が当たるのは、アウターワイヤーの長さを調整してできるだけ当たらないようにできるので、これに関してはアウターワイヤーの表面が削れてきたら交換で対処しています。
(ハンドルを切った時に少し擦れる程度までにしておけば、アウターワイヤーの表面が削れてくる頃には、アウターワイヤーの中に通っているチューブもダメになってきていると思います)


そして、アウターワイヤーの長さや自転車によってワイヤーが通るカ所が違うので、どう言ったワイヤーの通し方が最適と言ったものは無いと思います。

個人的には、アウターワイヤーを適度な長さにして、できるだけ他のものと当たらないようにワイヤーを通すと言うのが良いのではないかと思います。
(かと言って、余り短すぎるのもダメだと思いますが。。。)


余談ですが、上記の保護シールは、買い置きして何年も置いておくと、貼っても直ぐにダメになってしまいます。
(日の光が当たらないように、押し入れで保管しておいてもダメでした)

買って直ぐ使う場合と、何年か保管して使う場合とで、持ちが全く違います。

布を巻くタイプなど色々ありますが、上の保護シールのタイプは劣化してダメになる場合もあるので、使う1ヶ月ぐらい前に買っておくぐらいで留めておいた方が良さそうです。



画像画像
次にインナーワイヤーの固定ですが、ワイヤーを固定するプレートをわざわざ外さなくても、ある程度ボルトを緩めれば左側の写真のようにワイヤーは通ると思います。
(ワイヤーが通し難いなど何か理由が無い場合は、紛失防止の為に、固定するプレートは外さないようにします)

そして、インナーワイヤーを通し終わったら、ブレーキシューがある辺り(左右共)を手で押さえてブレーキがある程度閉じた状態にし、その状態のまま軽くインナーワイヤーの先を手で引っぱった後に、5mmの六角レンチでインナーワイヤーを固定するボルトを締めます。

インナーワイヤーを固定するプレートを外した場合

画像
インナーワイヤーを固定するボルトを外した場合、裏表、左右があるので注意が必要です。

この写真を見て頂ければわかると思いますが、インナーワイヤーを固定するプレートには、ワイヤーが通る所に溝がある場合があります。

この溝は、ワイヤーを固定しても、できる限りインナーワイヤーを潰さないように付けられている溝ですが、この溝にインナーワイヤーが通るようにしてプレートを取り付けする必要があります。

また、BR-R560に関しては左右非対称なので、裏表は逆にできても左右逆に取り付けは無理だと思います。
ただ、仮に左右対称の場合は、左右の向きにも注意して下さい。



画像
次にブレーキシューを固定した上で、左右のブレーキシューの間にリムが真ん中にくるようにブレーキのセンターを調整します。

ブレーキのセンターの調整方法は、通常写真のボルトを締めたり、緩めたりする事で調整しますが、BR-R560(前)の場合、調整ボルトを締めると、右側のブレーキシューがリムに近づきます。
(自転車を後ろから見た場合)

逆に、調整ボルトを緩めると、左側のブレーキシューがリムに近づきます。
(ボルトを緩めすぎると走る時の衝撃でボルトが無くなる可能性があります)

ただ、私は、ブレーキの固定時に完全にセンターを出す為、この調整はしていません。

ブレーキシューの固定方法は、こちらの記事をご覧下さい。

調整ボルトを締めたり、緩めたりする時の注意点

調整ボルトを締めたり、緩めたりすると、ブレーキ本体が左右のどちらかに動いていきます。

その結果、ブレーキ本体の角度が多少変わっていくので、ボルトの角度も多少変わっていきます。

ドライバーは、ボルトに対して斜めにすると、なめやすくなるので、ボルトの角度が変わっていくのに合わせてドライバーの角度も多少変えていかないと、ボルトの頭を潰す原因になる場合があります。
(ブレーキの調整ボルトは、それ程角度は変わらないので、気にする程でも無いかもしれません)


ブレーキのセンターを調整する理由

センターを調整せずにいると、片効きと言って、軽くブレーキを掛けた時には左右のどちらか片方のブレーキシューしか当たらずと言う事が発生し、強くブレーキを掛けた時には、左右のブレーキシューは当たるけど、左右どちらか片方のブレーキシューが強くリムに当たると言う事が発生します。

結果として、左右のブレーキシューの減りに差が出たり、ブレーキの効きが悪くなったりします。


また、片効きの状態で、ブレーキを完全に握ると、左右のどちらかにリムが少し動くのがわかると思います。

この状態は、ホイールを少し曲げた状態になると思いますが、あまり良くないと思いますので、この観点からもブレーキのセンターは合わせた方が良いと思います。


調整ボルトを最大まで回してもセンターが調整できない場合

調整ボルトを最大まで回してもセンターが調整できない場合は、ブレーキの固定時にセンターが狂いすぎているなどの原因が考えられます。
(何処かにぶつけて、ホイールが大きく曲がっているなどの場合、そのホイールは要交換です)

ホイールが曲がっているなど無いようでしたら、調整ボルトをある程度締めた状態にし、ブレーキを固定しているナットを一旦緩めて、ある程度センターを出してからナットを締め直して、再度センターを調整ボルトで調整して下さい。


また、何処にもぶつけていなくても、長い間使っていると、走る時の衝撃でホイールは多少ブレてきます。
(カーブを曲がる時に、横の衝撃など加わるので、ホイールは曲がってきます)

このホールがブレた状態だと、ある所でセンターを合わせても他の所ではセンターが合わないと言う事が発生しますが、この場合は、センターを少しずらして、ブレーキを掛けた時に、リムの左右の動きが少なくなる所を探します。

ただ、何処かにぶつけて曲がったなど無ければ、最終的には振れ取りという作業が必要です。

簡易的な振れ取りなら、買った自転車屋さんに持って行けば無料という場合もありますので、購入店に問い合わせるなどして下さい。
(有料の場合もあります)

私は、自分で振れ取りもしていますが、失敗すると逆にホイールの振れが酷くなる事もありますので、自信が無い場合は料金を問い合わせた上で自転車屋さんで振れ取りの作業をお願いした方が良いと思います。
(地域によって違うと思いますが、私の地域では、振れ取り作業の料金は1000円~1500円程度です)

また、購入店以外に持って行くと、断られると言う事もありますので、予め問い合わせて行くか、購入店に持って行くのが良いのかなと思います。


余談として

余談ですが、ホイールの固定カ所を緩めた状態にして、ブレーキを握り、ブレーキを握ったままホイールを固定するとセンターが出ると説明する自転車屋さんもありましたが、これをすると、フレームに対して斜めにホイールが取り付く事になります。

また、これをすると、ホイールがフレーム(やフロントフォーク)に当たるカ所に完全に接触せず、左右のどちらかが少しフレームから浮いたみたいな状態になります。
(左右のどちらかが完全に入り込んでいない状態になります)

走る時の衝撃で、浮いた所が解消し、走行中に状態が変わり、予期しない危険な事になる可能性もあるので、個人的には、この方法は、お勧めしていません。



画像
次に、この写真の矢印が付いているボルトを、締めたり緩めたりしてブレーキの効き具合を調整します。
(写真ではインナーワイヤーを固定していませんが、ブレーキの効き具合を調整する時は、インナーワイヤーは固定している必要があります)


私の場合、インナーワイヤーを固定する時に、ブレーキの効き具合も完全に合わせるので、このボルトは完全に締めた状態のままにしています。
(そうしておくと、ブレーキシューが減ってきた時に、工具無しである程度ブレーキの効きを戻せるので楽です)


また、調整ボルトを最大限回しても、思ったブレーキの効き具合に調整できない場合は、インナーワイヤーの固定からやり直す必要があります。

もし、やり直す場合は、調整ボルトが最大限の所にあると、調整できなくなるので、ある程度、調整ボルトを戻します。

次に、ブレーキ本体の開き具合が変わらないようにブレーキのブレーキシューがある辺りを手で保持しながら、インナーワイヤーを固定しているボルトを緩めます。

そして、インナーワイヤーを固定しているボルトを緩めたら、ブレーキの開き具合を調整し、その状態を維持したまま、インナーワイヤーを少し引っぱった後に、インナーワイヤーを固定するボルトを締め、再度ブレーキの効き具合を調整するボルトでブレーキの効き具合を調整して下さい。

ブレーキの効き具合を調整するボルトが回りにくい場合

アウターワイヤーを受ける所でもあるので、アウターワイヤーが接触している所で摩擦をして調整ボルトが回りにくい場合があります。

上記の事が原因で調整ボルトが回りにくい場合は、アウターワイヤーを軽く引っぱりながら調整ボルトを回してあげると、ある程度回しやすくなります。


また、ネジ山が錆びて回しにくい場合もありますが、その場合はオイルをネジ山のカ所に塗布して20分~30分待ち、再度挑戦してみて下さい。

それでも回らない場合は、最悪、ゴム板などを巻いてキズが付かないようにした上でプライヤーなどを使って回しますが、錆びがあまり進行しすぎていると、錆びたネジ山がぽろぽろと取れてネジ山が無くなり、そのブレーキ自体が使えなくなる場合もあります。。。

また、年に3回程度ネジ山との間にチェーンオイルなどを挿しておけば、ネジ山がさび付いて回りにくいのは防げると思います。
(時間は掛かりますが、わざわざボルトを回さなくても毛細管現象で内部までオイルは入っていきます)



画像
最後にエンドキャップを取り付けしてロードバイクへの前ブレーキの取り付けは完了です。

エンドキャップの取り付けは、こちらの記事で説明しました、ケーブルカッターのエンドキャップの圧着カ所で取り付けをしています。

エンドキャップについて

糸を切った所を何もせずに放置していると解れていくと思いますが、同じようにインナーワイヤーも切った所を放置していると解れていきます。

エンドキャップは、この解れを防止する為のものなので、ハンダで固めてしまうなどでも問題ありません。



エンドキャップで解れを防止したい場合に、エンドキャップが無い場合は、エンドキャップだけでも売っていますので、お近くの自転車屋さんなどで、こう言ったものなどを購入して下さい。
(自転車屋さんによっては、インナーワイヤーを買ってエンドキャップも欲しい事を言えば、無料でエンドキャップも付けてくれる場合もあります)


文字制限に引っ掛かった為、続きはこちらに書いています。



関連記事
ロードバイク(自転車)のブレーキ(BR-R560)の記事のまとめ

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント