この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

ロードバイクへのブレーキ(BR-R560)の取り付け(その3)

ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古
サイクリー
製品情報カテゴリブレーキ関連 ブレーキ本体 サイドプルブレーキ メーカーシマノ年式-色状態ランクC(


楽天市場 by ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
文字制限に引っ掛かった為、この記事の続きです。
(最初からご覧になる場合は、こちらの記事からご覧下さい)

現在使っているロードバイク(自転車)に標準で取り付けされていたブレーキに、がたつきなどが出てきたので、ブレーキがかけられないなどの問題は起きていませんでしたが、何かが起きてからでは遅いので、保守的にブレーキをこのBR-R560に交換をしました。
(ブレーキの交換時にした作業の記事のリンクはこちらの記事にまとめてあります)

ロードバイクへのブレーキの取り付けは、基本的には取り外し時の逆手順をするだけですが、下記のように取り付けをします。
(ロードバイクのブレーキの取り外しは、この記事をご覧下さい)

人によって、やり方が多少違うかもしれませんが、私は下記のようにブレーキを取り付けしています。

ブレーキの取り付けの参考にして頂いて構いませんが、やり方によっては怪我したり、自転車にキズを付けたりする可能性などもありますので、自己責任で作業頂くようにお願いします。

また、下記の内容を読まれて作業に自信が無い場合、工賃を取られるかもしれませんが、購入店などで作業をお願いした方が良いと思います。

また、ブレーキの互換性を無視した場合の危険性をご存じで無い場合は、この記事の 【■ ブレーキには互換性があります。】 と言う所も合わせてご覧下さい。






■ 後ろブレーキの取り付け方法

下記の内容は、ロードバイクにBR-R560(後ろ)を取り付けした時の様子です。

見た目が同じタイプのブレーキでもブレーキのモデルによって取り付け方法が多少違う可能性もあると思いますので、違う型番のブレーキを取り付けされる場合は、説明書も確認の上、取り付けして下さい。

また、前ブレーキの取り付け時に書いた事と同じ注意点になる事は省略しています。
(注意点などは、この記事この記事を合わせてご覧下さい)


後ろブレーキの取り付けは、前ブレーキと基本的に同じなので、後ろブレーキで起きそうな注意点など以外は省略しますが、下記のように取り付けしました。



画像
このようにブレーキをセットし、ブレーキができるだけセンターになるようにブレーキ本体を手で保持しながら、反対側から、もう片方の手で六角レンチを使ってナットを締めます。
(写真では、ワッシャーがあるのが、わかりやすいようにフレームとブレーキ本体との間に隙間を作っていますが、ワッシャーとブレーキ本体、フレームの3つが密着する形でセットします)



画像
次に、アウターワイヤーのキャップが付いていると、ブレーキのアウターワイヤーを受ける所にセットできないので、アウターワイヤーのキャップの所だけカットします。

その後に、ワイヤーをブレーキに通し、ブレーキシューがある辺り(左右共)を手で押さえてブレーキがある程度閉じた状態にし、その状態のまま軽くインナーワイヤーの先を手で引っぱった後に、5mmの六角レンチでインナーワイヤーを固定するボルトを締めます。

後ろブレーキのワイヤーを通す時の注意点

後ろブレーキは、前ブレーキと違いフレームにもワイヤーを受ける所があると思います。

このフレームのワイヤーを受ける所からワイヤーが作業中に外れてしまい、ワイヤーを受ける所に完全に入っていない状態になる事があります。
(引っ掛かって、中途半端に止まっている状態になる事があります)

完全に入っていない状態に気が付かないまま、インナーワイヤーの固定をして、走行すると、走行する時の振動やブレーキレバーを握る時に受ける所にワイヤーが完全に入り、ブレーキの効き具合が極端に変わるという事が起きます。

そして、引っかかりが解消するので、結果的にワイヤーを長くするのと同じ事になりブレーキの効きが落ちます。

ブレーキの効きが極端に落ちてしまうと、思っていた距離で止まれず、危ない事になる可能性もあるので、前ブレーキもそうですが、後ろブレーキのワイヤーは、受ける所に正しく入っているか特に注意してチェックして下さい。

チェックカ所は、

ブレーキレバーのアウターワイヤーを受ける所、インナーワイヤーの受ける所
フレームのアウターワイヤーを受ける所
ブレーキのアウターワイヤーを受ける所

だと思いますが、抜けが無いようにブレーキにインナーワイヤーを固定したら、ワイヤーの最初から最後までを指で辿りながらチェックするのが良いと思います。



画像
次に、ブレーキシューを固定した上で、センターを調整ボルトで調整します。
(後ろブレーキは、調整ボルトの位置関係が前ブレーキと逆になるので、調整ボルトを回した時の動きも逆になります)



画像
次に、ブレーキの効き具合を調整ボルトで調整し、最後にエンドキャップを取り付けしたら、後ろブレーキの取り付けは完了です。



関連記事
ロードバイク(自転車)のブレーキ(BR-R560)の記事のまとめ

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント