この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ロードバイクのブレーキ(BR-R560)へのブレーキシューの取り付け

ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古
サイクリー
製品情報カテゴリブレーキ関連 ブレーキ本体 サイドプルブレーキ メーカーシマノ年式-色状態ランクC(


楽天市場 by ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
現在使っているロードバイク(自転車)に標準で取り付けされていたブレーキに、がたつきなどが出てきたので、ブレーキがかけられないなどの問題は起きていませんでしたが、何かが起きてからでは遅いので、保守的にブレーキをこのBR-R560に交換をしました。
(ブレーキの交換時にした作業の記事のリンクはこちらの記事にまとめてあります)

そして、ブレーキシューは、そのまま使い回そうかとも考えましたが、度重なる取り付け取り外しで、ボルトの頭が変形してきていたので、何年も前に買い置きしておいた新しいブレーキシューをBR-R560に取り付けしました。

人によって、やり方が多少違うかもしれませんが、私は下記のようにブレーキシューを取り付けしています。

ブレーキシューの取り付けの参考にして頂いて構いませんが、やり方によっては怪我したり、自転車にキズを付けたりする可能性などもありますので、自己責任で作業頂くようにお願いします。

また、下記の内容を読まれて作業に自信が無い場合、工賃を取られるかもしれませんが、購入店などで作業をお願いした方が良いと思います。






■ ブレーキシューの取り付けについて

Tacx(タックス) ブレーキシューチューナー(BRAKESHOE TUNER)(8714895021157) 【80】 自転車 ブレーキ 調整 bebike 国内正規品
Be.BIKE
Tacx ブレーキシューチューナー(BRAKESHOE TUNER) リムに対するブレーキシューの位


楽天市場 by Tacx(タックス) ブレーキシューチューナー(BRAKESHOE TUNER)(8714895021157) 【80】 自転車 ブレーキ 調整 bebike 国内正規品 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ブレーキシューを取り付けする時に、ブレーキシューの高さや角度を簡単に調整できる、こう言ったものなどが売られていますが、個人的には、こう言ったものの必要性は感じていません。


また、ブレーキを掛けた時に音が鳴る場合、音鳴り防止の為に、リムに対してブレーキシューを少し斜めに取り付けして対処する場合があります。

リムに対してブレーキシューを少し斜めに取り付けした場合、ブレーキのコントロールをし易くなると言うメリットもありますが、その反面ブレーキの掛け始めの効きが少し悪くなると言うデメリットもあります。
(特に雨の日は、その影響が大きいように思います)

また、ブレーキシューが斜めに削れていくので、私はリムに対してブレーキシューを平行に取り付けしています。


そして、雨の日はブレーキシューを軽くリムに当てて、車のワイパーのようにリムに付いた雨水を拭き取ると言うようなブレーキの使い方をしている時があります。
(こうする事で、雨の日のリムブレーキの効きが悪くなるのを少しでも軽減できます)

リムブレーキタイプのロードバイクのブレーキシューは、一般的に先が丸くなっているので、リムに対してブレーキシューを斜めに取り付けしてしまうと、軽くではリムに付いた雨水を拭き取る時にブレーキシューが点で当たるような格好になり、雨水を拭き取り難くなってしまうので、こう言った目的からも私はブレーキシューをリムに対して平行に取り付けしています。



PWT ブレーキシューチューナー BST2
PWT

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PWT ブレーキシューチューナー BST2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
リムに対してブレーキシューを斜めに取り付けしたい場合、こう言ったタイプのものの方が安いので、こう言ったタイプのものを買っても良いかもしれませんが、こう言ったものが無くても、下記の方法でリムに対してブレーキシューを斜めに取り付ける事は可能だと思います。





■ ブレーキシューの取り付け

今回、ブレーキ(BR-R560)に取り付けしたブレーキシューは、このブレーキシュー(Y8G698080)です。

ブレーキシューを取り付けされる際は、付属の説明書も確認の上、ブレーキシューを取り付けして下さい。

今回、取り付けしたブレーキシューの場合、ブレーキシューの取り付け方向や使用工具などの説明が、BR-6700の説明書に絵付きでありますので、同じブレーキシューを取り付けされる場合は、こちらの説明書も参考にしてみて下さい。



画像画像
左側の写真の青色の矢印の間にブレーキ本体を挟むようにしてブレーキシューを取り付けします。

また、右側の写真のようにブレーキシューに触れる側のワッシャーは、すり鉢状になっているので取り付け方向があります。

この、すり鉢状になっているワッシャーの取り付けは、すり鉢状になっている側がブレーキシューに触れるようにして取り付けします。

そして、ワッシャーがあるのが分かりやすいように、写真ではワッシャーをずらしていますが、ブレーキシューの真ん中にあるネジ穴がワッシャーの穴から見えるようにしてすり鉢状のワッシャーを取り付けします。

ボルトに触れる側のワッシャーの取り付け方向について

両面が平らになっているワッシャー(左側の写真のボルトにセットされているワッシャー)があると思いますが、これに関しては、両面どちらに側で取り付けしても性能上は問題無いと思います。

ただ、裏表どちらの側で取り付けするかで、目的は変わってきます。


ワッシャーの端が丸まっている側】 と 【ワッシャーの端が角張っている側】 があるのがワッシャーの現物を見ると、分かると思います。

これは、丸まっている側がバリ取りをされた方で、角張っている側がバリ取りをされていない方です。



バリ取りをされている方を外側へ向ける場合
(取り付けした時にバリ取りをされた側が見えるように取り付けする場合)

見た目を綺麗に見せる場合、通常、バリ取りがされていて見た目が綺麗になると言う理由で、バリ取りがされている側を外側へ向けます。

シマノの部品の新品を買うと、組み立てた時に見えるワッシャーは、バリ取りをされている側が、見える形で取り付けされているので、シマノ的には、この目的でワッシャーの方向を統一しているのではないかと思います。
(偶に、ここだけ逆向きになっていると言う事がありますが。。。)


バリ取りをされている方を内側へ向ける場合
(取り付けをした時にバリ取りをされた側が部品に接触するように取り付けする場合)

バリ取りをされていない側を部品に接触する形で取り付けすると、部品にキズが付きやすくなります。

逆に、バリ取りをされている側を部品に接触する形で取り付けすると、部品にキズが付くのが少なくなります。

結局は、キズが付きますが、通常、少しでも部品にキズが付くのを少なくする目的の場合、ワッシャーのバリ取りをされた側を部品に接触する形で取り付けします。


こう言った目的があるので、必要に応じてワッシャーの向きを変えて下さい。



画像
次に、ブレーキシューの位置などを合わせた上で、ブレーキシューを固定するボルトを締めます。
(ブレーキ本体の固定もした為、写真ではインナーワイヤーのエンドキャップが取り付けされていませんが、最終的に、この記事のようにエンドキャップも取り付けしています)

ボルトの締め方は、ブレーキシューの位置合わせができる程度にブレーキレバーを軽く握り、ブレーキシューの位置を合わせた後に、今度は、ブレーキレバーを強く握りながらボルトを締めると、ブレーキシューが取り付けが完了します。

また、一気にボルトを締め込むと、ブレーキシューが共廻りする場合があるので、少し締めては締めるのを止めるを4~5回程度繰り返してボルトを完全に締めます。

当たり角度を調整してイートンを付ける場合

当たり角度を調整してイートンを付ける場合、爪楊枝の持つ所をヤスリやカッターナイフなどで削って丁度良い厚みにし、その爪楊枝をブレーキシューの後ろ側になる端の所とリムとの間に挟み込み、上記で書いた方法と同じ要領で、ブレーキシューの位置を合わせをした後に、ボルトを締めるとイートンが付きます。
(爪楊枝を削らずに使うと、イートンが付きすぎるので、付けたい角度になるように適度に爪楊枝を削って下さい)

また、ブレーキシューとリムとの間に挟み込むものは何でも良いと思いますが、カーボンリムの場合、リムにダメージを与えそうなものは避けておいた方が良いと思います。

私は金属リムなので、爪楊枝でやってもキズが付いた言う事は今の所ありませんが、爪楊枝だとキズが付きそうで怖いようでしたら、スーパーのお肉のパック(発砲スチロールみたいなタイプのもの)などをハサミなどで適度に切って使うのもありかもしれません。
(お肉のパックで試した事が無いので、上手くいくかはわかりません。。。)

ブレーキシューの取り付け位置について

ブレーキシューの取り付け位置は、こちらの説明書に、タイヤから1mm以上空ける事が書かれていると思います。

これは、該当のブレーキシューが少し台形になっているので、ブレーキシューが摩耗して減ってくると、ブレーキシューの幅が広くなり、ブレーキを掛けた時にブレーキシューとタイヤが擦れてタイヤの側面が壊れてしまう危険性があるからだと思います。
(タイヤの側面が裂けると、チューブが出てきて、チューブがフレームなどに擦れて最終的にバーストします)

また、ホイールには縦ブレがあります。

どのホイールでも大なり小なり縦ブレがあるので、ブレーキレバーを軽く握って、ブレーキシューをリムに当てながらホイールを回していくと、ブレーキシューに対してリムが多少上下するような格好になると思います。

この縦ブレでもブレーキシューがタイヤに当たる可能性があるので、説明書では1mm以上空けるようになっているのだと思います。

また、縦ブレが大きすぎる場合、何処かにぶつけたなど無ければ、振れ取りと言う作業をすれば縦ブレを取る事は可能です。

私は自分で縦ブレを取っていますが、失敗すると逆に横ブレと縦ブレ共に酷くなる場合もありますので、自信が無いようでしたら、自転車の購入店などに料金を問い合わせた上で自転車屋さんで振れ取りをして貰うのが良いかなと思います。
(縦ブレを取って貰いたい事を伝えた方が良いと思います)


以前は音鳴りがしていなかった場合

違う場合もありますが、以前は音鳴りがしていなくて、部品交換も何もしていないのに音鳴りがするようになった場合、フレームや部品にヒビが入って音鳴りがするようになる事もあるので注意が必要です。
(リムに対してブレーキシューを斜めに取り付けしている場合は、ブレーキシューが削れていく事で、リムとブレーキシューが平行になり、音鳴りがするようになると言う可能性も考えられます)

また、この場合、軽くフレームを叩いてみて鈍い音がしないかや影になっている所をライトの光で照らしてヒビが入っていないか目視で確認します。
(部品はヒビが入っていない状態で叩いても鈍い音になると思うので、目視での確認になると思います)

また、フレームに取り付けしている部品を取り外さないと、ヒビが入っていなくても鈍い音になる場合があります。

ベルなどでも音が鳴る所を手で持って鳴らそうとしても、ちゃんと音が出ないと思いますが、これと同じで部品を取り付けたままだと、ヒビが入っていなくても鈍い音になる事があります。

もし、ヒビが入っていないか心配で、良く分からない場合は、購入した自転車屋さんなどに持って行って見て貰うなどして下さい。



関連記事
ロードバイク(自転車)のブレーキ(BR-R560)の記事のまとめ

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント