この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

どうやらアパートの管理会社(大手不動産会社)は、さじを投げたようです。
アパートの上階からゴミや通常では考えられないような物が落ちてくる
【閲覧注意】 借りているアパートの上階から2016年5月に落ちてきたゴミ
消火器の購入を検討しています。
借りているアパートのゴミや騒音の現在の状況は、こんなです。

上の記事で、借りているアパートの号室の真上を事務所として使っている長距離バス会社が、 【火事になりかねない行為】 や 【ベランダ側でゴミが落ちてきたり】 、 【騒音も酷い】 事を書きました。

この行為をしていたのは、 【ロイヤルバス】 というバス会社で、管理会社が 【エイブル】 です。

下記のように、最終的に火事になるような事をしているのを知りつつ放置という風になっており、人命にも関わってくる事だと思いますので、注意喚起の情報として書いておきます。

写真は、クリックする事で原寸大で見る事ができます。





■ ロイヤルバスは、やっている事を一切認めようとしません。

現在は、退去されたようですが、上記の行為をしていたのは、現時点(2018年8月)九州(福岡市博多区博多駅前3-4-8 サットンホテル博多シティ2F)に本社があり、代表取締役が戸島匡宣の 【ロイヤルバス】 というバス会社です。
(ホテル経営もされているようなので、ご注意下さい)
会社情報を確認すると、頻繁に情報が変わっています。

そう言った時期にたまたま重なっているだけかもしれませんが、定期的にロイヤルバスの会社情報を確認すると、情報が変わっていると言う事がよくあります。

以前は、本社が福岡県福岡市博多区榎田2-4-22で代表取締役会長が戸島匡宣、代表取締役が川述弘典と言う記載の時もありました。

更にその前は、代表取締役会長の記載が無く、代表取締役が川述弘典としての記載しか無い時もありました。

こんな風に検索すると、ロイヤルホリデーの子会社としてロイヤルバスの情報が出てくるので、会社間で人の入れ替えなどをしているのかもしれません。


このロイヤルバスの方がやっている事で苦情を管理会社を通して何度も出していましたが、ロイヤルバスの方は、 【やってもいない事で言われるのは心外】 と言っていたようで、やっている事を一切認めないという状態です。
(バス会社の要望で写真などをバス会社の本社に出しても認めないという状態です)


また、写真なども出した上で、やっている事を一切認めないという状態でしたので、ロイヤルバス利用時に何か問題が起きても、きちんとした対応を受けられない可能性があるので、もしロイヤルバスを利用される場合は、お気を付け下さい。



画像
これは、ロイヤルバスが借りている号室のベランダから落ちてきた送り状ですが、 【お届け先がロイヤルバス】 になっているのがわかると思います。
(バス会社の借りていた号室が宛先になっています)

また、ご依頼主が以前ロイヤルバスの代表取締役だった 【川述 弘典】 になっているのがわかると思います。



画像
こう言ったハガキなどの個人名が宛名のゴミも落ちてきていました。

また、バス会社の借りていた号室が宛先になっているので、完全にバス会社のゴミで、このゴミも、管理会社を通してバス会社に取りに来てほしい事を伝えたゴミですが、自分で捨てておいてくれと言って取りに来なかったゴミです。
(下のプラスドライバーも同じです)



画像
このプラスドライバーが落ちてくると言う事があったので、刃が出たままのカッターナイフなど当たると怪我をする物が他にも落ちてきそうで、怖くてベランダが使えない状態になっていました。
(スチールのコーヒー缶など角が当たると軽い怪我はすると言った物は無数に落ちてきていました)



画像
借りている号室の真上をロイヤルバスが事務所として使っていた時のロイヤルバスの号室のベランダの様子ですが、このように明らかなゴミがある状態でした。
(この状態で、ゴミをベランダに置いていることを認めない状態でした)

また、ソースなどが付着したお弁当の容器なども落ちてきていたので、洗濯物は年中部屋干しです。



画像
バスの走行速度を記録しておく用紙だと思いますが、こう言ったものも落ちてきていました。



画像
水が落ちてくる事もありました。

この写真に関しては、カップ麺か何かの容器に水を入れて落としてきたようですが、落ち方的に、恐らく、この件に関しては故意です。
(やってみればわかるのですが、この水の広がり方は、真上からしかできないハズです)





■ 天井が変形しました

画像画像
アパートに入居した当初、このような変形は天井にはありませんでしたが、音が一番酷かった部屋の天井は明らかな変形をしています。

酷い時は、天井が動いているのがわかる状態だったので、恐らくそれが原因だと思います。



この映像のように天井が動いて、天井に取り付けしている蛍光灯にその振動が伝わり、蛍光灯も動くと言う状態でしたが、音は実際に聞くと、物音と言うより、爆発音に近い状態の時もありました。
(夜中の2時や3時でもおお構いなしな状態で、夜10時ぐらいから翌朝10時頃まで騒音がなっていると言うような日もありました)





■ エイブルは、火事になりかねない状況を把握しつつ最終的に放置でした。

ロイヤルバスが火事になるような行為をしている事を把握しつつ放置した管理会社は、 【エイブル】 です。

エイブルの本部に対応して貰って、途中で対応を放置と言った状態でした。


今回の件のように人命に関わる大きな問題が起きていても対応を放置する可能性もありますので、エイブルが管理会社になっている物件は借りない方が無難だと思います。


そして、エイブルから下記の内容の説明をされましたが、最終的に放置と言う状況でした。

また、下記のエイブルの説明内容は、録音からの文字化で、この録音もあります。

エイブルの説明内容

昨年のデータでね、紙、火が付いた紙が上から落ちてくる、言うのが実際に入っている内容でありましたので、はい、と言った事で、あのまあ他のね、お部屋からも、まああの同じようなと言うか、より悪質なあのー内容でのクレーム
エイブルの説明内容の一部抜き出しですが、録音からの文字化をすると、この内容の説明でした。

途中で途切れているのは、火が付いた紙が落ちてきていた事が無いか聞かれていたので、そのお話をさせて頂いたので、話が途切れてしまったのだと思います。

また、この時点では、その事を上手く思い出せず、ベランダに灯油の容器の蓋を開けっ放しで放置状態で、ちゃんと管理して貰いたい事をエイブルのコールセンターに言っていたので、その事と勘違いしているのでは無いかとお話させて頂きました。

ただ、よく思い出してみると、ベランダに燃え尽きた紙が、いくつか落ちていた事があったのを後で思い出し、ロイヤルバスの方が写真を求めてこられた時にCD-ROMにデータを入れてエイブルに一旦送って、そこからロイヤルバスに送る形にしたので、その時に書面で燃え尽きた紙がベランダに落ちていた事を説明書きとして付けさせて頂きました。

そして、最終的に、エイブルのそれまで担当していた方と全く別の方が出てきて対応して貰えず、放置と言う状態でした。
(対応を放置したい為だと思いますが、この電話の時は、声を張り上げてくるなどもありましたこの時の録音もあります)



画像
ロイヤルバスの方が借りている号室の真上を使っていた時のロイヤルバスの号室のベランダの様子ですが、こう言った状態で、ベランダが灯油臭くなっている時もありました。
(灯油禁止のアパートです)





■ 警察に再度問い合わせました

私に対する管理会社からの説明と管理会社から警察への説明が警察の方から聞いた話と全く違うので本当にそんな説明だったのか警察に再度問い合わせました。

問い合わせた結果、何ヶ月経っても無返答な状態です。

以前、制限速度が30㎞の道路を自転車で走っていた所、後ろから60㎞~70㎞程度で走ってきた車が無理矢理突っ込んできたのが原因で事故(特殊事故)になり、事故処理をして貰おうと、警察署に行った所、事故処理をせずに突っぱねられた事もあるので、一度バス会社の事務所まで行ってくれただけでも動いてくれた方だと思います。

また、上記の事故は、車側の方はそのまま逃げて行かれましたが、車のナンバープレートは完全にわかっているという状態にも関わらず、警察は一切対応してくれず、損害分を自分で全て賄うという状態になっています。
(この事から考えれば、まだ警察は動いてくれた方だと思います)





■ その他、私以外には多分どうでも良い事

この間の生活は、無茶苦茶になっていますし、生活が無茶苦茶になった状態から現在も復旧できていません。

ただ、火事になりかねない状況を知りつつ放置して、別の所へ引っ越したりする事も性格上できませんでしたし、何も言わずに様子見をしていると、いくらでも行動をエスカレートさせていくと言う状況だったので、火事にならなかっただけ良かったのかなと思います。

もし、火事になりかねない状況を知りつつ放置して、別の所へ引っ越したりする事ができる性格なら、ジャスコにアルバイトで働きに行っていた時に書類なども持ってきて結構本気で正社員に誘われた事もありますが、実家の事が心配で断ったりしなかったのかなと。
(面接などはあったと思います)

個人的には、人命に関わる事が起きているのを放置して、人が亡くなってから後悔するぐらいなら、その時に自分なりに考えられる最大限の事をしておいた方が良いと思っています。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント

2019年07月19日 18:26
対応が悪いからとネガキャンまがいの注意喚起をしたところで、肝心な問題解決はできません。
2019年07月19日 18:31
取引先との会話、社内会議、恋人との会話など、さまざまな場面でお互いの利害が衝突する場面が多々あるでしょう。
ただ、そこで感情的になって相手を説き伏せようとしても意味がありません。
交渉学で言うところのエスカレーションです。
感情的な言い争いに終始して、問題解決が放置される状況。
2019年07月19日 19:03
正義感が先走って関係者に対して感情的になり、
肝心な問題解決に失敗するタイプのようですね。
交渉学のような、合意形成・利害調整方法を学ぶべきと思います。

相手も人ですので、攻撃的な態度で接することは
事態を悪化させるだけです。
2019年07月21日 10:19
コメント、アドバイスありがとう御座います。

管理会社に状況説明をして、1ヶ月~3ヶ月様子見後、改善しないや悪化すると言う状況なら、再び管理会社に状況説明をするの繰り返しでした。

管理会社からの説明では、バス会社の使われていた号室は、複数人で利用されていたようで、「誰が言っているんだ」とそのバス会社の利用者の方から管理会社に電話もあったようで、その状態では、落ち着いて話し合いができるとも思えず、話し合いの場を設けようにも設けられず、やはり上記の通り、改善しないや悪化するようなら管理会社を通して状況説明をすると言うのが最善だったのかなと思います。
(この状態で直接行くのは、逆に事態を悪化させる可能性の方が高いように思います)

ただ、管理会社の説明では、バス会社に対して他の入居者の方からも苦情が来ていたようで、どの程度の頻度でバス会社に苦情が来ていたのかは定かではありません。
(バス会社の方はどうも一人から苦情が何度も来ていると勘違いされていたようにに思います)

また、何かの行き違いで管理会社が勘違いをして全く違う所に苦情を言っていることも考え、担当者に確認も取っていますが、合っていると言う状況でした。


この関連の記事は、書こうかどうかを半年以上悩んだ記事ですが、小さなお子さんや手足の不自由な方など火事になると、巻き込まれる可能性が高い場合もあり、情報として必要なのかなと思います。

受け止め方によって色々だと思いますが、こんな事もあったよという情報として客観的に見て頂ければ幸いです。
V
2019年09月12日 18:25
はじめまして。
RAIDのことを調べていてたどり着きました。
大変参考になり、ありがとうございます。
こちらの記事も拝見しましたが、すでに問題は収束したようで安心しました。
私も所属する自治会内で問題行動を起こす人間達やアパート管理会社に対処したことがありますので、今回の相手方会社の姿勢もおおよそ見当が付きます。
コメント欄も拝見しましたが、何か問題が発生した場合、内容にかかわらず被害者側の対応にも非があるかのような認識をもつ部外者というのは実に多いです。
まあ心理としてはセカンドレイパーみたいなもんですかね。一番大人しい人(被害者)が我慢するか亡くなれば事が収まるという考えが基本であり加害者側の心理です。
被害者の行動原理を感情や正義感などと解釈してしまっているのと、加害者も良識的な人間であるという視点で考えているのが何よりの証拠です。日本人の悪い癖というか。
青い空@管理人様は、理由もなく、加害者によって生活を崩壊させられ、生きるか死ぬかの瀬戸際まで追いやられたのですから、そんな安っぽい言葉が何故思い浮かぶのか不思議でなりません。
はっきり言って、今まで何人も相手にしてきた経験上、このようなことをする加害者は頭がまともであったためしがありません。
単に、自己中心的な言動をし、自分に都合よく勝手な解釈をし、不都合な言葉はスルー。モラルも低い。
当然ですが、理屈など100%通じません。日本語が話せるのだけが奇跡くらいに考えていたほうが無難です。
私から言わせれば、交渉術などというものは使うべき場所が限られていますから、今回の件では全く無意味。
結局のところ、あんなものは、何かを妥協する代わりに何かを引き出す、といった術です。
この状況で、何かを妥協?一方的な被害者が妥協?もし妥協するならば、つまりは、やったもん勝ちってことになるわけです。
そんな術は法的な紛争に陥ってから駆使すればいいのです。営業契約じゃないんだから、にわか仕込みで軽々しく使っても意味がないどころか、大きな損失につながります。
真性のマゾでもない限りそのような方向にもって行っては駄目です。
加害者自身が何も変わらない状況であれば、さらにその上の立場、今回の青い空@管理人様のように、バス会社から自社従業員へ告知するよう働きかけを行うべきなのです。
それを怠れば、会社の世間的な評判も落としかねないという状況を作っておくべきなのです。
このような状況ではネガキャン大いに結構です。どんどんやるべきです。
被害に遭っていた期間や失業中に得ていたであろう収入額に相当する賠償でもなされない限り、やったもん勝ちなわけです。
証拠もきちんとされていますし、法的手段をとれば、「法的には」勝てるでしょうが、事実上の泣き寝入りになるかと思います。
であるならば、せめてもの復讐はバス会社と管理会社へのネガキャンです。
それにしても、当時、よく上階に怒鳴り込まなかったですね。良識的で感服いたしました。
さてと、またHDD修復作業に戻ります。泣きそうです。
2019年09月12日 22:56
コメントありがとう御座います。

お役に立つRAIDの情報になったようで幸いです。

他にもコメントありがとう御座います。
残業続きで、今度のお休み(日曜か月曜?)にでも返信を書こうと思います。

数日お待ちを。。。
2019年09月16日 00:49
返信遅くなりすみません。

色々とコメント頂き、また書き込みにお時間を頂いたようでありがとう御座います。


バス会社の経営状況的に、こうしないと利益が出せない状況なのかは不明ですが、アパートの号室を24時間出入りする事務所として借りる時点で、周りの事は余り考えずに入居されているかもしれませんね。

ただ、迷惑になる事を教えて貰える人に出会えなかったと言う可能性もありますし、この点では可哀想な人達だったのかもしれません。

また、ベランダ側でゴミが落ちてきた時に「止めておけ」と言う声が聞こえてきた事もありましたので、迷惑な行動を止める方も中にはいらっしゃったのかなと思います。

一部の方が迷惑な行動をされていたのかはわかりませんが、どちらにしてもバス会社の回答として、やっている事をやっていないと言う回答でしたし、管理会社も火事になる可能性がある苦情が他の住人さんからも来ている状況で放置と言う状況でした。
(この回答で話に直接行っても余計事態を悪化させる可能性が高いように思いますし、じっとこらえると言うのが今でも最善だったと思います)

この放置と言う状況は、恐らく、これ1件だけでは無いと思いますし、以前のコメントでも書きましたように、小さなお子さんや手足の不自由な方など火事になると、巻き込まれる可能性高い方が家族にいらっしゃる場合もありますし、その内この放置と言う状況で死人が出るような気がしています。

こう言った事を書くと、批判のコメントを頂くのもある程度想定していました。

ただ、他の住人さんによって火事になる状況を入居後に知って、管理会社に相談しても放置だと、小さなお子さんや手足の不自由な方な方が家族にいらっしゃるなどの場合、心配で仕事ができなくなってしまうと言う場合もあると思いますし、その状況から逃れる為に引っ越しがしたくても引っ越しできない場合もあると思います。


それなら、批判のコメントを頂く事になっても、そう言った方の為に情報を開示して、口コミを調べながら選んで頂く事ができるようにしておくのが良いのかなと思っております。



>HDD修復作業に戻ります。泣きそうです。

一般的には、壊れたHDDはそれ以上触らずに、専門の業者さんにお任せした方がデータが戻る可能性は高いと思います。

私の経験的には、基盤が壊れてPCが認識しなくなったHDDの基盤を同じ型番、同じロットの正常に動いているHDDの基盤と交換してデータの復旧を試みた事がありますが、基盤破損時にある程度のデータが破損してしまっていた様で一部のデータしか戻りませんでした。
(最近のHDDは、この方法を試したことがありませんが、情報を見る限りでは最近のHDDで基盤だけ交換してもダメみたいです)

駆動系の交換も試みた事がありますが、磁気ヘッドを外すと、ヘッド同士がくっつき合ったりして、駆動系の交換は成功した試しがありません。
(仮に交換できたとしても、クリーンルームじゃないとダメとされているので、上手くいくかわかりません)

HDDが故障せず、OSなどが偶発的に壊れて起動しなくなったPCのHDDなら内蔵HDDを外付けHDDにするケースを使うことで別のPCでデータの取り出しが今の所100%成功しています。
(できれば同じ状況のHDDをもう一台作って、それで上手くいくか試してから本番という手順を取った方が良いと思います)

HDDは故障せず、マスターブートレコード(MBR)だけが破損して、データの読み出しが不可になった事もありますが、マスターブートレコードの書き換えで上手く読み出しが可能になった事もあります。


ただ、上記の作業をする事で余計に事態が悪化する場合もありますので、心配ならやはり専門の業者さんにお任せすると言うのが良いのかなと思います。

参考までにどうぞ。。。


また、RAID1(ミラーリング)ですが、同じ場所に2台以上置いていると言うのが一般的だと思うので、落雷や水害で全て壊れてしまうと言う事に対応できないので、なかなか安全にデータを保存し続けるのは難しいなと思う今日この頃です。。。