この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。


このブログはウェブリブログを利用して書いておりますが、ウェブリブログのリニューアルに伴いページの幅などの設定がリセットされてしまいました。

また、リニューアル後、閲覧時にエラーが発生する為、左の記事の一覧を一旦無くしていましたが、左の記事の一覧は取りあえず作り直しが完了しています。

内蔵SSD(TS120GSSD220S)へのマウンターの取り付け

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト
このTranscendの内蔵SSD(TS120GSSD220S)とAINEXのマウンター(HDM-34)を買ってみました。

下記のようにSSDにマウンターを取り付けしましたが、SanDiskのSSDを買った時に使ったマウンターに比べると、取り付けが、かなり楽でした。

このTS120GSSD220S関連の記事は、こちらにまとめてあります。





■ SSDへのマウンターの取り付け

今回は、この記事で書きましたように、SSDにもネジが付属していましたが、SSDへのマウンターの取り付けには、マウンターに付属のネジを使いました。

また、静電気対策が必要な事が内蔵SSDの説明書に書かれていたので、静電気対策をした上で作業を行いました。
(下に敷いているゴムマットは、アースを接続した静電気対策用の導電マットです)

静電気対策については、こちらの記事などをご覧下さい。


PBスイスツールズ 8190-2-100-6ESD スイスグリップ・プラスドライバー
プラスワンツールズ
【メーカー名】 ●PBSWISSTOOLS 【特長】 ●弱電関連での作業に最適なESDタイプです。


楽天市場
ご家庭に1つぐらいあると思いますが、使用するネジは、こう言った2番や#2という表記のあるサイズのプラスドライバーが適合します。



画像
マウンターに切ってあるネジ穴は、塗装が乗っている状態だったので、最初にマウンターに付属のネジを通して、ある程度塗装を剥がしておきました。
(ネジ締めの要領で、ネジを取り付けして、またネジを外すだけである程度塗装が剥がれます)

次に、写真のように3.5インチの内蔵ハードディスクのネジ穴に合わせて取り付け方向の確認をしてからSSDへマウンターを取り付けする作業を開始しました。



画像画像
左側の写真のように裏返して内蔵SSDを置き、次に、右側の写真のように、内蔵ハードディスクとネジ穴の位置関係が同じになるように、側面のネジ穴の間隔が狭い方にコネクターが来るようにマウンターをセットしました。



画像
次に、内蔵SSDが手で動く程度にネジ4本を仮で取り付けし、その次に、内蔵SSDを左寄せにして、この写真の数字の順に対角で少しずつネジを締めていき3週程度してネジ締めを完了しました。

2018/08/21追記

マウンター(HDM-34)には、インチネジとミリネジが4本ずつ付属しますが、ココで使うのはミリネジの方です。
(ネジ山とネジ山の間隔が細かい方を使います)



画像
ネジ締めの完了後に、表側を向けると、こんな風になりました。
(内蔵SSDがマウンターから少し出ている側にコネクターがあります)



関連記事
Transcendの内蔵SSD(TS120GSSD220S)の記事のまとめ

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント