この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

EDIUS Neo 3.5のライセンス認証の解除に失敗する時の対処方法

グラスバレー EDIUS Neo 3.5 通常版
グラスバレー
2012-09-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト
このEDIUS Neo 3.5をWindows10で使っています。

Windows10で使う場合、この記事で書きましたようにVer.3.55のアップデータを適用するまで正常に起動しません。



画像
先日、ライセンス認証の解除をしようとした所、 【認証の解除に失敗しました。エラーコード:411C.14176.1C】 と出てライセンス認証の解除ができませんでした。

対処方法という程のものでもありませんが、下記のように対処する事で解決できます。

EDIUS Neo 3.5の購入はお勧めしていません。

EDIUS Neo 3.5は、販売が既に終了したソフトですし、Windows10に正式には対応していないので、サポート対象外になります。

もし、新たに買うなら、個人的には新しいバージョンのものか別のメーカーのものの購入を検討された方が良いのでは無いかと思います。

また、EDIUS Neo 3.5の全ての機能を使うために必要なQuickTimeのサポートも終了していますので、セキュリティの事を考えると、あまり良くない状態になると思います。

QuickTimeをアンインストールして少し試したところ、MP4形式での出力は可能でしたが、MP4形式のファイルの取り込みが不可になり、MP4形式のファイルの編集が不可能になりました。

MP4以外は試していませんが、セキュリティ上の対策でQuickTimeをアンインストールした状態だと、QuickTimeが必要なファイル形式は編集できなくなると思います。

中古で買う場合

このページを見て頂ければわかるのですが、EDIUS Neo 3.5のメーカーは、ライセンスの譲渡を現時点(2018年8月)認めていません。

なので、シリアルナンバーの登録をされているEDIUS Neo 3.5を買ってしまうと、サポートが一切受けられないと言う事になってしまいます。

操作に関するサポートが必要なくても、シリアルナンバーの認証と解除をネットを介してする必要があり、その認証の台数や解除の回数の上限が設定されている為、上限に達した時などにサポートに連絡して対処して貰う必要がある為、サポートは必要です。
(現時点、サポートを受けるには、シリアルナンバーなどの情報を入力した上でユーザー登録が必要です)


こう言った理由から、個人的にはEDIUS製品の中古の購入は止めておいた方が良いのかなと思いますが、もし何かの理由で中古で購入されるなら、購入前にシリアルナンバーの登録の有無を確認してから購入された方が良いと思います。





■ サポートに問い合わせる必要があります。

画像
認証の解除に失敗しました。エラーコード:411C.14176.1C】 と出てライセンス認証の解除ができなくなってしまった場合、ライセンスの解除をしたいシリアル番号を書き添えてサポートに問い合わせる必要があるようです。

メーカーのホームページで原因を確認すると、ライセンスがライセンス認証をするサーバー上に無い、または、パソコン上に保管されているライセンスを解除する為に使うファイルが破損している場合に上記のメッセージが表示されるようです。


そして、こちらの問い合わせ窓口からメールで問い合わせる事ができますが、営業日であれば、メールをした翌日には対処して貰えると言った印象を受けました。
(上記で書いていますように、ユーザー登録をした上で問い合わせを行う必要があります)

ただ、今回、問い合わせが土日を挟む形になったので、月曜日まで対処して貰うのを待つ事になりました。


なので、年末年始などの連休中や土日祝などを挟む時にこう言った事が起きると、対処して貰えるまでに時間が掛かるので、面倒なアプリケーションソフトかもしれません。


また、上記で書きましたように、ライセンスの解除の上限の回数も設定されています。

このライセンスの解除の上限の回数に達した場合もエラーメッセージが表示され、この場合もライセンスの解除をしたいシリアル番号を書き添えてサポートに問い合わせる必要があります。
(以前、このエラーメッセージも表示されましたが、スクリーンショットを撮り忘れました。。。

パソコンのOSを再インストールする為に、頻繁にリカバリや工場出荷状態に戻すリセットをしたり、連続してパソコンが不具合を起こして何度もOSをインストールし直したりする必要がある時には、注意が必要かもしれません。
(最後の最後でライセンス認証をすると言う風にした方が良いかもしれません)

また、OSの再インストールをする前に、ライセンスの認証の解除をしておかないと、ライセンスの認証の解除ができなくなるので、問い合わせが必要になり、後で面倒な事になります。



関連記事
EDIUS Neo 3.5のアップデータ適用時にエラーメッセージが出る時の対処方法

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント