この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ウイルスバスタークラウドの有効期間が終了すると、どうなるのかやってみました。

このウイルスバスタークラウドのバージョン12をウイルス対策ソフトとして使っていますが、有効期限が終了するとどうなるのかやってみました。

ネットに接続しているパソコンなどの機器やネットに接続していなくてもネットに接続しているパソコンなどとデータのやり取りをするなどの場合、ウイルス対策ソフトの有効期限切れは、お勧めできる行為ではありませんので、有効期限が終了するまでに継続する代金を払いに行く時間が無いなどの時の参考程度の情報としてどうぞ。

また、最近になって最新版が出たようで、現時点(2018年10月)のウイルスバスタークラウドの最新版はバージョン15のようです。

下記内容はウイルスバスタークラウドのバージョン12での事なので、バージョンが違うと違う動きをする可能性もあると思います。
(ウイルス対策ソフトが違う場合は、全く参考にならないと思います)





■ ウイルスバスタークラウドの有効期限の終了でこうなりました。

下記内容はウイルスバスタークラウドのバージョン12での事です。

ファイアーウォールの機能は、有効なのかどうかわかりませんが、ウイルスバスタークラウドの有効期限の終了で下記のようになりました。



画像
パソコンを起動して、タスクバーのウイルスバスターのアイコンをクリックすると、画像のように選択肢が表示されますが、 【スキャン】 、 【手動アップデート】 、 【リアルタイムスキャン】 、 【サイレントモード】 がグレーアウトしています。



画像
タスクバーのウイルスバスターのアイコンをダブルクリックして、ウイルスバスターのメイン画面を起動しても、スキャンはグレーアウトしてできません。

また、ウイルスバスターの全ての機能を有効にする為に課金が必要ですが、オンラインで購入する選択肢と、既に購入しているシリアル番号を入力する選択肢が表示されます。

なので、新品のウイルスバスターが契約期間を更新するよりも安く売っているのを見つけたら、買っておくと良いかもしれません。

ただ、ウイルス対策ソフトは競合を起こしやすい(不具合が起きやすい)アプリケーションソフトの1つなので、ウイルスバスターの契約期間中にパソコンの買い換えなどを予定されている場合は、今までのパソコンでは何も問題が起きなかったけど、新しいパソコンではウイルスバスターをインストールすると競合を起こして全く使い物にならなかったと言う可能性もあるので、前もって買っておくのは個人的には悩む所です。



画像
タスクバーのウイルスバスターのアイコンをダブルクリックして、ウイルスバスターのメイン画面を表示後に再度タスクバーのウイルスバスターのアイコンをクリックすると、スキャンのグレーアウトが解除されます。
(時間が経過すると、またグレーアウトの状態に戻ります)

そして、この表示された選択肢の 【スキャン】 をクリックすると、クイックスキャンが始まります。
(何かのバグでスキャンできるようになっているだけかもしれません)



画像
クイックスキャンが終わると、ウイルスバスターのメイン画面にあるスキャンからもクイックスキャンだけはできるようになります。
(メイン画面ではメイン画面を表示したままにしておけば、時間が経過してもスキャンがグレーアウトの状態に戻りません)



画像
右上にある人のマーク】 をクリックすると表示される選択肢の中から 【バージョン情報】 をクリックすると、ウイルスバスターのバージョン情報を見る事ができます。

このバージョン情報を確認すると、 【本製品の有効期間が終了した場合、アップデートは利用できなくなります。】 とありますが、 【各コンポーネントの詳細を表示】 をクリックして詳細を確認すると、有効期限が2018年9月30日になっているのに対して、それ以降に更新された日付のものもあるので、ある程度の更新はされるようです。

ただ、有効期間が切れてから一定期間は更新されるだけで、その期間が終了すると全く更新されなくなると言う仕様なのかもしれません。
(この点は不明です)



画像
ホームページなどの閲覧時に使えるTrendツールバーの 【Webページ内のリンクの安全性を表示】 と 【マウスポインタを合わせたWebページ内のリンクの安全性を表示】 は有効期間が切れていても使えるようです。


もしウイルス対策ソフトを買うお金が無い場合は、ノートンやカスペルスキー、マカフィーなどの体験版をハシゴする事で数ヶ月間無料でウイルス対策はできると思いますので、その場しのぎなら体験版をハシゴすると良いかもしれません。
(Yahoo!などでこんな風に検索すると、無料のウイルス対策ソフトも出てきます)

だた、デメリットとして、期限の切れたウイルス対策ソフトのアンインストールの手間や新たな体験版のインストールの手間が掛かります。

また、ウイルス対策ソフトは、競合の起きやすいアプリケーションソフトの1つなので、体験版を利用する事で何か不具合が起きる可能性もあります。

以前の経験的には、それまでインストールしていたウイルス対策ソフトをアンインストールしたものの、そのウイルス対策ソフトの残骸が残り、その残骸と新たにインストールしたウイルス対策ソフトが競合を起こし、新たにインストールしたウイルス対策ソフトが正常に動かないと言う事もありました。
(私の場合、残骸がある事で、新たにインストールしたウイルス対策ソフトが異常に重たい状態になり、パソコンがまともに使えない状態になりました)



関連記事
ウイルスバスターの契約期間の更新

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント