この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

カスペルスキーをインストールすると、パスワード入力時に2文字ずつ入力される事がある時などの対処方法

ウイルス対策ソフトの見直し時期に来ているような気もして、このカスペルスキーの最新の体験版を試しています。

カスペルスキーの体験版を試した所、この記事に書きましたように、

● パスワード入力時に2文字ずつ入力される事がある。

● 文字入力を受け付けなくなる時がある。


と言った問題が起き、下記のようにカスペルスキーを設定する事で、この2つの問題は解決しました。


また、

● Internet Explorerで表示しているページのリンクをクリックしてリンク先へ行こうとするとInternet Explorerが停止する事がある。

と言う問題も書きましたが、下記のように、この問題は今の所、解決せずです。

カスペルスキーの記事のリンクは、こちらにまとめてあります。





■ パスワード入力時に2文字ずつ入力される事がある時などの対処方法

使用しているパソコンは、Windows10のバージョンが1803です。
カスペルスキーの体験版のバージョンは、19.0.0.1088です。

また、私のパソコンの場合は、下記の方法で直りましたが、同じように直るかは実際にやってみるまでわかりません。

カスペルスキーを下記のように設定する事で、パスワード入力時に2文字ずつ入力される事がある問題や文字入力を受け付けなくなる問題は解決しました。



画像
タスクバーに表示されている、カスペルスキーのアイコンをクリックして、カスペルスキーの画面を起動します。

カスペルスキーのアイコンが無い場合

常にすべてのアイコンを通知領域に表示するの設定がオフなどの場合は、カスペルスキーのアイコンが表示されていない場合もあると思います。

その場合、タスクバーに表示されている 【】 をクリックすると、カスペルスキーのアイコンがあると思います。

それでも無い場合は、左下のスタートボタン(Windowsのロゴ)をクリックすると、表示されるアプリの一覧からカスペルスキーの画面を起動するようにして下さい。



画像
カスペルスキーの画面が表示されたら、 【左下の歯車のマーク(設定)】 をクリックして設定画面を開きます。



画像
カスペルスキーの設定画面が表示されたら、左側にある 【詳細】 をクリックし、次に 【データ入力の保護】 をクリックします。



画像
次に 【入力情報の漏洩防止】 のチェックを外して、設定が完了し、上記で書いた2つの問題が解決しました。
(設定の保存などのボタンは無く、チェックを外した時点で設定が反映されます)


また、余談として、私と同じようにカスペルスキーの体験版でお試し中の場合で、上記の設定で問題が解決してもセキュリティの機能が1つ減ると言う事になりますので、別のウイルス対策ソフトの購入を検討された方が良いかもしれません。





■ Internet Explorerが停止する事がある問題について

画像
上記で書きましたように、Internet Explorerで表示しているページのリンクをクリックしてリンク先へ行こうとするとInternet Explorerが停止する事がある問題もカスペルスキーの原因になっていそうな所の設定を変えたりして試してみたのですが、解決しませんでした。

私のパソコンでは、問題解決に至りませんでしたが、他のパソコンでは直る可能性もあるので、試した情報として載せておきます。



画像
Internet Explorerが停止する問題を解決する為に、まず、Kaspersky Protection Toolberを終了させて、問題の解決ができるか試してみました。

方法は、Internet Explorerの右上に表示されている、 【Kaspersky Protection Toolberの×】 をクリックします。



画像
すると、アドオンを無効にする画面が表示されるので、 【無効にする】 をクリックします。
(Kaspersky Protection Toolberが終了します)



画像
Kaspersky Protection Toolberを再び有効にするには、Internet Explorerの 【タイトルバーを右クリック】 します。



画像
すると、こう言った選択肢が表示されるので、 【Kaspersky Protection Toolber】 をクリックします。



画像
次に、アドオンを有効にする画面が表示されるので、 【有効にする】 をクリックすると、Kaspersky Protection Toolberが有効になります。
(この画面は、表示されずにKaspersky Protection Toolberが有効になる場合もあります)





画像
Kaspersky Protection Toolberを無効にしても問題が解決しなかったので、次にウェブ保護をオフにして問題が解決するか試してみました。

方法は、カスペルスキーの設定画面の左にある 【プロテクション】 をクリックし、次に 【ウェブ保護のオンの所をクリック】 します。



画像
すると、ご注意の画面が表示されるので、 【続行】 をクリックすると、ウェブ保護がオフの状態になります。



画像
再びウェブ保護をオンにするには、カスペルスキーの設定画面の左にある 【プロテクション】 をクリックし、次に 【ウェブ保護のオフの所をクリック】 します。



画像
また、オフの状態からオンにする場合は、上記で書きました、このご注意の画面が表示されませんが、希にご注意の画面が表示される事もありました。

その場合は、オフにする時と同様に、 【続行】 をクリックします。





■ その他

この記事で書きましたように実家のパソコンではカスペルスキーが正常に動いているので、カスペルスキーを購入して使っていますが、自宅のパソコンでは上記の様に不具合が発生し、一部の機能を停止させたりしています。

上記の様に今の所解決できない問題もあるので、今の所、またウイルスバスターを買うと言うのが可能性として高いかなと思っています。

また、表面上正常に動いているように見えても、裏では正常に動いていないと言う事もありますので、いくつかの問題が発生している時点で、この裏で正常に動いていない可能性もあるので、自宅のパソコンではカスペルスキーの購入は見送った方が良いのかなと思っています。



関連記事
カスペルスキーの記事のリンクまとめ

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント