この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で認識しなかった内蔵HDD


このRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を使っています。
(今回の場合、RAIDの機能は使わずSINGLEで動作させています)

このRAIDケースは、8TBまで対応のようで、6TBまでの内蔵HDDを取り付けして、これまで使ってきましたが、先日どうしても認識しない内蔵HDD(2TB)がありましたので情報として書いておきます。
(このRAIDケースの黒色モデルもありますが、USB3.1 Gen2の黒色モデルとは別物です)

ただ、同じ組み合わせで揃えたとしても、違う結果になる場合もありますので、参考程度の情報としてご覧下さい。




 



■ ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で内蔵HDDが認識しなかった時の状況

無題.jpg
内蔵HDDとして使っているHDDの状態がCrystal Disk Infoで注意となったので、2TBの内蔵HDDを新品で購入し直しました。
(Cドライブが2つあるのは、Windows10 Proの機能を使ってRAID1を構築している為です)




購入し直した内蔵HDDは、このWestern DigitalのWD20EZAZ-RT(容量:2TB 回転数:5400rpm キャッシュ:256MB インターフェイス:Serial ATA600)ですが、この内蔵HDD(WD20EZAZ-RT)をラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に取り付けしても認識しません。



IMG_0001.JPG
状況としては、最終的に新たに購入した内蔵HDDをPCケースに取り付けするつもりでしたが、初期不良の判断の為に最初にRAIDケースに取り付けして、Data Lifeguard Diagnostic for Windows(Western Digitalが無料で配布しているHDDチェックツール)でチェックしようとしました。


そして、実際にRAIDケースに購入した内蔵HDDを取り付けして、RAIDケースの電源を入れてみると、異常がある時の赤ランプが点灯しました。
(写真は内蔵HDDを2台取り付けしている状態で、新たに購入した内蔵HDDをHDD1に取り付けした状態です)


手持ちの3台のRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の内、2台で試してみましたが取り付けするスロットを変えたりしてみても全く認識しないと言った状況でした。



無題2.jpg
上記の状況だったので、故障しているのかなと思いつつも、内蔵HDDとしてPCケースに取り付けしてマザーボードに直接Serial ATAのケーブルを接続してみると(電源から電力供給用のSATAケーブルも接続しています)、この画像のように正常に内蔵HDDを認識すると言った具合で購入した内蔵HDDが故障している訳では無さそうです。

また、最初BIOSで認識するか試し、その後電源を切ってから再度OS(Windows10)を起動させたのですが、その時点で電源投入回数が2回になっていたので、RAIDケースでは電力供給自体が上手くいっていなかったのではないかと思います。


Serial ATAの規格の範囲内で端子は作れていると思うのですが、規格の誤差の範囲というものはあるので、もしかすると誤差の範囲内で上手く端子同士が接触しない状態になって、電力供給用の端子との接触が悪くなっているのかもしれません。
(Crystal Disk Infoの情報だけを見ると、上記のRAIDケースでは新たに購入した内蔵HDDの電源自体が入っていない事になります)

と考えると、新たに購入した内蔵HDD(WD20EZAZ-RT)と同じ内蔵HDDをもう一台購入すれば、そちらではRAIDケースが内蔵HDDを認識してくれる可能性もあるかなと思ったりもしますが、また同じ事になるとイヤなので、別の内蔵HDDの購入をした方が良いかなと思ったりもしています。



IMG_0002.JPG
また、RAIDケースの底面からRAIDケースに入れた内蔵HDDをネジ止めするようにRAIDケースの説明書にありますが(内蔵HDD1台付き1カ所ネジ止め)、このネジ止めが悪影響を与えている可能性もあるかなと思い、ネジ止め無しで試してもみましたが結果は同じです。



無題3-1.jpg
新たに購入した内蔵HDDをPCケースに内蔵HDDとして取り付けして、Data Lifeguard Diagnostic for Windowsでスキャンすると、QUICK TEST、EXTENDED TEST共にPASSするので、新たに購入した内蔵HDDは恐らく正常です。

ですが、このスキャンを終えてから、再度ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に取り付けしてみても、やっぱりRAIDケースでは認識しません。
(再度PCケースに内蔵HDDとして取り付けすると正常に認識します)




 



■ ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で認識した内蔵HDD

上記では、認識しなかった内蔵HDDの事を書きましたが、逆にラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で認識している内蔵HDDは下記の通りです。
(上記でも書きましたように、Serial ATAの規格の誤差の範囲内で上手く端子同士が接触せず認識しないなどの可能性もあるので参考程度にして下さい)




無題4.jpg
Western Digital HDD 3TB WD Red NAS RAID 3.5インチ 内蔵HDD WD30EFRX 【国内正規代理店品】
Western Digital HDD 3TB WD Red NAS RAID 3.5インチ 内蔵HDD WD30EFRX 【国内正規代理店品】 
Western Digitalのレッドの内蔵HDDのWD30EFRXは、現在で2台試していますが、ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で2台とも正常に認識しています。




無題5.jpg
 WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB Green WD30EZRX-1TBP / Intellipower / SATA 6Gb/s / 2年保証
WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB Green WD30EZRX-1TBP / Intellipower / SATA 6Gb/s / 2年保証
Western Digitalのグリーンの内蔵HDDのWD30EZRXは、1台試しましたが、ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で正常に認識しています。




無題6.jpg
 Western Digital HDD 6TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD60EZAZ-RT 【国内正規代理店品】
Western Digital HDD 6TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD60EZAZ-RT 【国内正規代理店品】
Western Digitalのブルーの内蔵HDDのWD60EZAZは、現在で6台試していますが、ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)で6台全て正常に認識しています。
(内蔵HDDのパッケージに書いてある型番的にはWD60EZAZ-RT)

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント