この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

XP-PenからのopenCanvas7のライセンスキーの取得とopenCanvas7のダウンロードとインストール

openCanvas 7
openCanvas 7

XP-Penのペンタブレット(Deco Pro Medium)を購入した時の事を書きました記事でも書かせて頂きましたが、XP-Penのペンタブレット(Deco Pro Medium)の購入特典で、このopenCanvas7をXP-Penから貰いました。
(XP-PenからはopenCanvas7のライセンスキーだけの提供ですインストールファイルはopenCanvas7のページから別途ダウンロードする必要がありました)

XP-Penから購入特典のopenCanvas7を貰うには、XP-Penに登録が必要などありましたが、私の時は下記のようにopenCanvas7のライセンスキーを貰い、そのあとにopenCanvas7のダウンロードとインストールをしました。
(貰えるのはパッケージ版では無く、ダウンロード版と考えて下さい)

openCanvas7のライセンスキーを貰うページの説明やデザインの変更などが結構な頻度で行われているようで、貰い方が変更される可能性もあるので参考になるかわかりませんが、わからない場合の参考情報としてどうぞ。




 



■ XP-Penへの登録とopenCanvas7の取得

XP-Penへの登録とopenCanvas7のライセンスキーの取得方法は、XP-Penのこちらのページに書かれていますので、良くわからなかった所のみメモしておきます。

また、XP-Penへの登録とopenCanvas7のライセンスキーの取得は、こちらのページから行います。



無題-1.jpg
XP-Penのこちらのページの 【ログイン】 ボタンをクリックして、表示される(ログイン)画面にある 【新規登録】 をクリックすると、こう言ったページに移動します。

このページで必要事項を入力して、最終的に一番下にある 【新規登録】 をクリックするとXP-Penへの(アカウントの)登録ができます。
(必要事項を入力後、新規登録をクリックすると、ペイントソフトの引き替えページに移動しました)


ただ、登録してみるまで、わからなかった点などもあり、わからなかった所などをメモしておきます。
(誕生日やお名前など、わかりそうな所は省略します)

認証コード送信  ロボットによる登録を防ぐ為のものだと思いますが、入力したメールアドレスに認証コードが送信されてきます。

この認証コードが無いと、XP-Penへの登録ができないので、まず最初に 【メールアドレスを入力後に認証コード送信のボタンをクリック】 して認証コードの取得をしました。

ただ、私の場合、認証コードが記載されたメールが迷惑メールフォルダに振り分けられていましたので、迷惑メールフォルダもチェックした方が良いかもしれません。
(何故かXP-Penからのメールは、今の所、全て迷惑メールフォルダに振り分けられます。。。)


ニックネーム  XP-Penへの登録(アカウントの作成)をすると、描いた絵の投稿などがXP-Penのページで、できるようになるようで、その時に使うニックネームのようです。

今後、後から変更できなくなる可能性もあるので、適当に入力しない方が良いかもしれませんが、今の所(2020年8月)、後からでもニックネームは変えられるようです。

また、登録完了後に送られてくるメールを見ると、入力したニックネームの後に続いて、お名前の所に入力した名前が表示されたメールが送られてきます。

まるでニックネームの所に名字を入れないといけなかったのかなと勘違いさせられてしまいますが、、、そうでは無いようです。


国を選択  わかるかと思いますが、お住まいの国を選択します。

国を選択をクリックすると、選択肢が出てきますが、カタカナ表記と英語表記が混在しており、日本を選択する場合、 【Japan】 をクリックしてJapanを選択します。
(私が登録した時点では、日本と言う選択肢がありませんでした現時点Afghanistanの文字上をクリックすると選択肢が出てきます)



パスワードはXP-Penに登録後、XP-Penにログインする時のパスワードですし、あとはわかりそうなので省略します。

また、 【XP-Penがマーケティング目的で個人情報を収集する事に同意する(ニュースレター、ニュース、およびプロモーション)。】 と言う所のチェックは入れなくても登録できます。
(チェックを入れていないので違うかもしれませんが、恐らく新製品が発売された時などにニュースレターなどと言った形でメールが送られてくるだけだと思います)



無題2-1.jpg
必要事項を入力後、新規登録をクリックすると、ログインのボタンをクリックした元のページに戻ってきます。

このページで、 【国を選択(日本の場合 Japan)し、ペンタブレット本体の裏側に貼られているシリアル番号を入力した上で認証をクリック】 すると、ペイントソフトのライセンスキーが受け取れるようになります。

また、私がライセンスキーを貰った時点では、認証のボタンはシリアル番号を入力してもマウスポインターを上に乗せないとグレーアウトしたままでしたので、グレーアウトしていても気にせずクリックすれば良いようです。
(シリアル番号が間違っていれば、その旨のメッセージが出ます)

シリアル番号について

IMG_0013-1.JPG
モデルによってシリアル番号の貼り付け位置は違うかもしれませんが、私の使っているDeco Pro Mediumの場合、ペンタブレットを裏返すと、シリアル番号が記載されたラベルが貼られています。
(ぼかしてある、バーコードのラベルに記載されている番号がシリアル番号です)



無題3-1.jpg
認証をクリックすると、ページの下にペイントソフトのライセンスキーを受け取る為のボタン(ライセンスキーを受け取ります)などが現れます。



無題4-1.jpg
私がopenCanvas7のライセンスキーを貰った時は、 【ライセンスキーを受け取ります】 のボタンをクリックすると、いきなりライセンスキーを貰えるわけでは無く、ライセンスキーを受け取りますのボタンをクリックすると、こう言った確認メッセージが出てきました。

間違ってライセンスキーを受け取りますのボタンをクリックした時の為のものだと思いますが、このメッセージでも間違ってOKをクリックすると、貰えるペイントソフトを変えることができなくなってしまうみたいです。



無題5-1.jpg
OK をクリックすると、選択したペイントソフトのライセンスキーが表示されます。

KEYの所に表示される文字列がライセンスキーですが、IDとPWはopenCanvas7のインストール時などに使うことも無く、何に使うのか不明です。

現時点(2020年8月)、XP-Penにログインしてライセンスキーを貰ったページで、国を選択し、ペイントソフトを貰ったペンタブレットのシリアル番号を入力し、認証をクリックする事で貰ったライセンスキーを再確認する事ができます。

ただ、何かしらの不具合でXP-Penのページが開くことができないなどの問題が発生する可能性もあるので、必要に応じてライセンスキーをWordのファイルやメモ帳のファイルなどにコピーペーストして保存しておくと良いかもしれません。
(何かにアナログで書き残しておくと言うのでも良いかも)

ただ、何かのファイルに保存したり、アナログで書き残したりすると、他人にライセンスキーを見られる可能性もあると思いますので、別で保存しておくかどうかはケースバイケースだと思います。




 



■ openCanvas7のダウンロードとインストール

openCanvas7はWindows専用のペイントソフトでWindows7以降のOSに対応しているようです。

OSが違っても恐らくインストール画面は同じだと思いますが、下記は、Windows10(バージョン1909:November 2019 Update)のパソコンにインストールした時のものです。

openCanvas7のダウンロードにはMicrosoft Edgeを使用しています  違うブラウザ(Google ChromeやMicrosoft Edgeなどホームページなどを見る為のアプリ)を使うとダウンロードする時に表示される画面が多少違うと思います。


また、私がopenCanvas7のライセンスキーをXP-Penから貰った時は、クイックガイドというものが無く、下記の方法でopenCanvas7をインストールしましたが、現在はクイックガイドのインストール方法のみになっているかもしれません。

無題6.jpg
openCanvas7の 【今すぐダウンロード】 をクリックすると、



無題7-1.jpg
こう言ったopenCanvasの会社(portalgraphics.net)のページに行きます。

このページでも登録をしないとopenCanvas7のダウンロードやインストールができないように見えますが、登録をしなくてもopenCanvas7のダウンロードやインストールはできました。



無題8-1.jpg
実際のopenCanvas7のダウンロードは、こちらのページまで行き 【openCanvas ダウンロード】 をクリックします。

すると、Microsoft Edgeの最下部にメッセージが出てくるので、 【保存】 をクリックします。

補足

上記でも書きましたように、Microsoft Edgeを使用してopenCanvas7のインストールファイルをダウンロードしました。
(Google Chromeなど違うブラウザの場合は、ダウンロード時に出てくるメッセージが多少違います)

また、openCanvas7の保存はせずに、実行をクリックして、そのままインストールファイルを実行しても良いかと思いますが、何か問題が起きた時に再インストールが必要になる場合もありますので、インストールファイルは保存しておいた方が良いと思います。
(必要に応じて ^ をクリックして保存先を選ぶなどして下さい)

その他、不具合を直す為などで更新があると、ダウンロードするファイルがsetup_oC7025.exeで無くなる可能性があります。
(ダウンロードするファイル名が変わる可能性があります)



無題9-1.jpg
ダウンロードが完了すると、Microsoft Edgeの最下部に表示されているメッセージが 【setup_oC7025.exeのダウンロードが完了しました。】 に変わり、ダウンロードが完了した状態になります。

次に、このメッセージの 【実行】 をクリックして、openCanvas7のインストールファイルを実行します。
(フォルダを開くをクリックして、保存したフォルダ開いてopenCanvas7のインストールファイルを実行しても良いかもしれませんが、面倒なのでMicrosoft Edgeの画面で実行をクリックしました)

openCanvas7をダウンロードする時に実行をクリックした場合は、ココの操作はありません。



無題10-1.jpg
実行をクリックすると、こう言ったユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、 【はい】 をクリックします。

このユーザーアカウント制御の画面は、設定によっては出てこない場合があります。
(この画面がでてこなかった場合は、ココの操作は飛ばしても問題ありません)



無題11-1.jpg
はい をクリックすると、こう言った、インストール前の確認の画面が表示されます。

他のアプリケーションソフトを起動したままインストールすると、インストール中にパソコンが停止するなどの問題が発生する場合もあるのでインストール前の確認メッセージだと思います。

MicrosoftのWordやExcelと言った作業途中のものがある場合、インストール中に何かが起きて作業途中のものが消えて苦情が来ても困るので、インストール前に保存をして一旦そう言ったアプリケーションソフトを終了させて欲しいと言うメッセージだと思って良いと思います。

表示されている文面を読んで、openCanvas7のインストールの準備ができたら 【次へ】 をクリックします。



無題12-1.jpg
次へ をクリックすると、openCanvasの製品使用許諾同意書が表示されます。

内容を読んで問題が無ければ、 【同意する】 をクリックした後に、 【次へ】 をクリックします。
(同意しないと次へ進めません)



無題13-1.jpg
次に、インストール先を設定する画面が表示されますので、 【次へ】 をクリックします。

参照をクリックすると、インストール先を変える事もできますが、標準で設定されているインストール先の容量があまり無いなど何か理由が無いようでしたらインストール先は変える必要は無いと思います。
(インストール先を変える場合は、次へをクリックする前に参照をクリックします)



無題14-1.jpg
次に、左下にあるスタートボタン(Windowsのロゴ)をクリックすると、表示されるアプリケーションソフトの一覧にどう登録するかの画面が表示されます。
(画像が標準の状態で、portalgraphicsと言うフォルダの中にopenCanvas7の起動用のショートカットができます)

特に変える必要が無いようでしたら、そのまま 【次へ】 をクリックします。



無題15-1.jpg
次に、openCanvas7のインストールをする時にデスクトップにopenCanvas7を起動する為のショートカットを作成するかどうかの画面が表示されますので、 【次へ】 をクリックします。

個人的には、起動用のショートカットがデスクトップにあった方が便利かなと思うのですが、起動用のショートカットがデスクトップに必要ない場合は、 【デスクトップ上にアイコンを作成する】 の所のチェックをクリックをして外します。
(次へをクリックする前にチェックを外します)



無題16-1.jpg
次に、この画面が表示される前までにしてきたインストールの設定(インストール先やショートカットの作成の有無など)の確認画面が表示されますので、確認をしてみて問題が無ければ 【インストール】 をクリックします。
(openCanvas7のインストールが始まります)



無題17.jpg
openCanvas7のインストール中は、こう言った画面が表示されます。



無題18-1.jpg
openCanvas7のインストールが完了すると、こう言った画面が表示されるので、 【完了】 をクリックします。
(openCanvas7が起動します)


また、openCanvas7のインストール後に再起動をしたいなどがあって、openCanvas7を起動したくない場合は、完了をクリックする前に 【openCanvas を起動する】 の所のチェックをクリックしてチェックを外します。




 



■ openCanvas7のライセンス認証

無題19-1.jpg
openCanvas7のインストール後に 完了 をクリックすると、openCanvas7が起動し、無料体験版の残りの期間が表示された画面が表示されますので、XP-Penから貰ったopenCanvas7のライセンスキーを使ってライセンス認証をします。

openCanvas7のライセンス認証は、 【シリアルキー入力】 をクリックします。
(openCanvas的にはライセンスキーでは無く、シリアルキーみたいです)



無題20-1.jpg
シリアルキー入力 をクリックすると、openCanvasの製品使用許諾同意書が表示されるので、内容を確認した上で 【製品使用許諾所に同意します】 をクリックしてチェックを入れ、 【次へ】 をクリックします。

表示されたopenCanvasの製品使用許諾同意書を見てみると、openCanvas7のインストール時に表示されたopenCanvasの製品使用許諾同意書と恐らく同じものだと思いますが、見落としなどあるかもしれません。。。

インストールする側がメリットになると思う事も書かれているので、内容を確認してみて下さい。



無題21-1.jpg
次に、ライセンスキー(シリアルキー)を入力する画面が表示されますので、 【シリアルキーと言う表記がある右隣の窓にXP-Penから貰ったライセンスキーを入力】 し、 【次へ】 をクリックします。

また、ライセンスキーを入力すると次へをクリックできるようになりますライセンスキーの入力間違えを防ぐ為にXP-Penのページからライセンスキーをコピー(ライセンスキーを選択後、キーボードのCtrlキーを押しながらCキーを押すとコピーできます)してから上の画面でライセンスキーをペースト(上の画面で入力できる状態にしてから、キーボードのCtrlキーを押しながらVキーを押すと貼り付けできます)した方が良いと思います。



無題22-1.jpg
openCanvas7のライセンス認証が完了すると、こう言ったメッセージが表示されますので、 【OK】 をクリックします。

書かれてある通りですが、OK をクリックすると、openCanvas7が終了します。



無題23.jpg
openCanvas7のインストールをする時にデスクトップにopenCanvas7の起動用のショートカットを作るようにしていた場合は、こう言ったopenCanvas7を起動する為のショートカットができています。

このショートカットをダブルクリックする事でopenCanvas7が起動します。



無題24.jpg
openCanvas7のインストール時にショートカットをデスクトップに作成しなかった場合は、画面の左下のスタートボタン(Windowsのロゴ)をクリックして、表示されたアプリケーションソフトの一覧からopenCanvas7を起動するなどの方法しか無いかなと思います。



無題25-1.jpg
ライセンス認証後にopenCanvas7を起動すると、新規作成の画面が最初に表示される形でopenCanvas7が起動します。

スマホなどのモバイルなどでも見られている方へ

このブログは、Windows10で23インチ画面のデスクトップパソコン(自作)を使用し、作成・確認をしています。
また、今の所、パソコンでこのブログを見られている方の方が多いようなので、パソコンで見る事を想定してブログの作成をしています。

その為、スマホなどを使って見ると見辛いかな?と思う表示になってしまう記事が一部あります。
見辛くなってしまい、すみません。<(_ _)>

この記事へのコメント