この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Windows10にアップグレードするもWindowsDVDプレイヤーがインストールされていない

先日、Windows7からWindows10へ無償のアップグレードし、アップグレード自体は、1時間程度で終わったのですが、アップグレード後にMPEG-2形式のファイルが再生出来なくなったことに気が付き、調べてみたところWindows7にはWindows Media Centerが標準でインストールされている為、特に何もしなくてもMPEG-2形式のファイルの再生が出来ることが判明。

そして下記ページの削除される機能の所の説明を読むと 「DVD 再生アプリ ("Windows DVD プレーヤー") がインストールされます。」 とあるのだけれども、インストールされていない。(Windows UpdateでWindowsを最新の状態にしてもインストールされない)

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#featdep

どうやら、私のアップグレード方法に問題があったようで、 「何も引き継がない」 を選んでアップグレードした事が原因だったようです。



画像
色々と試したところ、 「個人用ファイル、アプリ、Windows の設定を引き継ぐ」 以外を選択するとWindows DVD プレーヤーが無償でインストール出来ないようです。。。


ちなみに、、、 「何も引き継がない」 を選択してアップグレードすると下の画像のような 「Windows 7 に戻す」 という項目が無く、Windows DVD プレーヤーのインストールをするのにWindows7のインストールからやり直すという事態になりました。。。



画像
この 「Windows 7 に戻す」 という機能を試しに使ってみたところ、私の環境の場合20分程度でWindows7に戻りましたが、戻った後デスクトップ画面が表示され、マウスで操作しようとした所、一切無反応。
マウスのUSBを抜き差ししても同じでキーボード(PS2で接続)を使って一端PCの電源を切り、再起動するも、まだマウスが無反応。
再度PCの電源を切り、今度はPCのコンセントを挿しているOAタップのスイッチを一端OFFにして(いわゆるコンセントを抜いた状態にして)10秒ほどまち再度OAタップのスイッチをONにしてPCを再起動したところマウスも正常に使えるようになりました。

なにも必要なデータは入れていないPCのWindows10へのアップグレードだったので今回はバックアップ等一切しない状態でWindows7へ一端戻しましたが、必要なデータが入ったPCではこの機能を過信しすぎず、ちゃんとデータのバックアップをした方が良さそうです。

私の場合、何度もやり直していたので、Windows7のインストール → LANドライバのインストール → Windows7のライセンス認証 → ダウンロードしたWindows10のISOファイルをDVDに焼いたものでWindows10へアップグレード という手順を取っていたので、短時間でWindows7に戻り、特に大きな問題は起きなかっただけかもしれない。


取りあえずWindows DVD プレーヤーの無償インストールが完了し、MPEG-2形式のファイルの再生もできるようになりました。

画像
ただ、Windows10の無料アップグレードと同様に、Windows DVD プレーヤーも無料でインストールされる期間が決まっているようです。

"Windows10にアップグレードするもWindowsDVDプレイヤーがインストールされていない" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。