この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ステム、フロントフォーク、ヘッドパーツの取り外し(インテグラルヘッド)

以前、ステムやフロントフォークを取り外しした時の様子です。


画像
まず、フロントフォークを取り外す場合は、上画像の「WARNING!!!」と書かれた黄色の丸の中にあるネジを5mmの六角レンチで緩めて外し、ブレーキを取り外す必要があります。
後で取り外す事も可能ですが、最初に取り外しておいた方が、後々の作業がやりやすくなると思います。
ベアリングのグリスアップがしたいなどの場合は、ブレーキは取り外さなくても作業が可能です。



画像画像
次に、ステムのネジ2本を緩め(赤丸がしてある2つのネジ)、その次に、ヘッドキャップの真ん中の赤色のネジを緩めてヘッドキャップを取ります。
このステムのネジを緩める時に、2本のネジを交互に少しずつ緩めず、片方だけ一気に緩めるという事をやるとネジが壊れる事があります。(焼き付きの原因になる)
この赤色のネジは、取付する時は、ハンドルのベアリングの圧力調整の役割があるので思いっきり締めれば良いというものではありません。



画像画像
次にステムを取り外します。ステムを固定するネジが、緩んでいれば通常は上に引っ張れば外れます。
長い間取り外していないと、フロントフォークのコラムがさび付いていたり、汗の塩が固まったりして固着している場合があります。
ただ、シートポストほど強く固着しないので、フロントフォークは回らないように固定してステムを左右に回せば外れるようになります。




画像画像
次にコラムスペーサーを取り外します。
私はこれも固着した事があり、汗の塩分が固まって固着していました。
汗の塩で固着した場合は、水をかけて固まった塩が柔らかくなるのを待ち、柔らかくなったらプラスチックハンマーやゴムハンマーでコラムスペーサーを軽く叩けば取れるようになります。




画像画像
次にトップカバーを取り外します。これも通常は上に引っ張れば外れます。
私は、トップカバーは固着経験はありませんが、Oリングが入っているので、その摩擦で引っ張り上げるのに少し抵抗感があります。




画像
画像画像
次にスペーサーを外します。これは1枚だったり、2枚だったりしますが、今回は2枚入っていました。



画像
画像画像
次に上の画像の銀色のパーツ(なんて言うパーツなんだろう・・・)を取り外します。
この銀色のパーツを取り外す時は、フロントフォークを外す方向へ一旦3cm程下げ、またフロントフォークを元の位置に戻すという風にすれば、この銀色のパーツが上に上がってきます。
この銀色のパーツを外せば、フロントフォークは外れると思います。



画像画像
フロントフォークを外すと、下側のベアリングと一緒に外れると思いますので、必要ならベアリングも外します。
シールドベアリングで無い場合、玉を受ける部分がフレーム側に残る事があります。



画像
今回フロントフォークを取り外ししたロードは、上下でベアリングのサイズが違います。(左側が下、右側が上のベアリングです)




画像画像
上の写真2枚がベアリングを外したフレーム側の上側と下側の写真です。
ヘッドからの音鳴りの場合は、私の場合、ベアリングをフレームに取り付けした時にベアリングがフレームに接触する部分にグリスを塗布すると音鳴りが解消します。



関連記事
インテグラルヘッドの音鳴り

ドライバー(工具)の使い方

"ステム、フロントフォーク、ヘッドパーツの取り外し(インテグラルヘッド)" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。