この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

マザーボードの機能を使ってのハードウェアRAID(RAID1:ミラーリング)

マザーボードの機能を使ってのハードウェアRAID(RAID1:ミラーリング)の手順です。
今回の使用マザーボードは、ASUSのZ87-PLUSで、BIOSのバージョンは、2103(現時点では最新)です。
マザーボードメーカーが同じでもマザーボードが違うと、多少画面が違ったりします。
また、メーカー製PCの場合、マザーボードがRAIDに対応していない場合もありますので、説明書などを確認して下さい。
そして、この方法の場合、途中でRAID1に変更する事は出来ないので、RAID1に変えたい場合は、OSのインストールからやり直す必要があります。
RAID1(ミラーリング)の説明は、Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築で書いていますので、こちらを見て下さい。



BIOSの設定
SATAポートの動作をRAIDに変える必要がある為、まず、BIOSの設定を変更します。
ややこしくなる為、マウス操作ができる所は、キーボード操作を省略します。


画像
メーカーロゴ画面でキーボードの 「Delete」 を連打します。



画像
Advanced Modeをクリック」します。



画像
OKをクリック」します。



画像
すると、詳細設定が出来るモードに切り替わるので、 「詳細をクリック」 します。



画像
Serial ATA 設定をクリック」します。



画像
すると、この画面に切り替わるので、 「AHCIと表示されている所をクリック」 します。



画像
RAIDをクリック」します。



画像
退出をクリック」します。



画像
変更を保存しリセットをクリック」します。



画像
Yesをクリック」します。


以上でBIOSの設定は、終了です。
次に、Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - を起動し、RAIDの設定をする必要があります。



関連記事
Intel(R)RapidStorageTechnology-Option ROM-の起動や設定方法

ハードウェアRAID(RAID1:ミラーリング)した時のOSのインストール方法

RAID1を構築しているPCで、OSを再インストールしようとしたら失敗しました

Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築

Western Digitalの 「レッド」 と 「ブルー」 の内蔵ハードディスクドライブの購入

2TBを超える(3TB以上の)HDDの記憶領域を全て認識させてOSをインストールする方法

"マザーボードの機能を使ってのハードウェアRAID(RAID1:ミラーリング)" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。