この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

WindowsXPのServicePack3へのアップデート方法

画像
自作PCが完成したので不要なノートPCは、ネットオークションで売ることに。で書いた通り、要らないノートPCが増えてきたので、ネットオークションで売却して処分しようかと検討中ですが、その前にOSのインストールなどを試したので、この記事では、OS(WindowsXP ServicePack2)をServicePack3へアップデートした時の出来事を書いておこうと思います。

結論から書きますと、ServicePack3へのアップデート作業自体には、特に問題も発生すること無く、OS(WindowsXP ServicePack2)のServicePack3へのアップデートは、完了しました。



WindowsXPのServicePack3へのアップデートファイルがダウンロード出来ない

OS(WindowsXP ServicePack2)のServicePack3へのアップデートは、今回は、OSのインストール後にドライバやアプリケーションソフトをインストールし、その後、WindowsUpdateから手動で、ServicePack3へのアップデートを試みましたが、一切アップデートファイルがダウンロード出来ない状態になっていました。

また、ServicePack3のアップデートファイルをMicrosoftのホームページからのダウンロードも試みましたが、私の試した時点では、少なくともダウンロード出来ない状態になっていました。

そこで、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)のOS(WindowsXP)のインストールでも書いたように、以前、Microsoftのホームページからダウンロードした、ServicePack3のディスクイメージからCD-Rに書き込んで置いておいたCD-Rを使い、ServicePack3へのアップデートをしました。



OS(WindowsXP ServicePack2)のServicePack3へのアップデート方法

画像
このServicePack3のディスクイメージを、書き込んだCD-Rを使い、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)のServicePack3へのアップデートをしたのですが、ServicePack3のディスクイメージファイルのプロパティを開いてみると、388MBあり、更新は、直ぐには終わりません。



画像
ノートPC(DELL INSPIRON 1501)の起動後に、ServicePack3のディスクイメージを書き込んだCD-RをノートPCのDVDドライブに入れ、暫くすると、このような画面が起動してくるので、 「続行」 をクリックします。



画像
今すぐインストール」 をクリックします。



画像
すると、ファイルの展開が始まり、展開が終わると、



画像
次に、この画面が表示されるので、 「次へ」 をクリックします。

また、 「システムのバックアップを作成する」 、 「開いているすべてのプログラムを閉じる」 とありますが、アップデートを実行しようとしていた時に、開いているプログラムは無く、試しにServicePack3へのアップデート作業をしてみただけなので、アップデートに失敗しても特に困る事もなく、システムのバックアップ(復元ポイント)を作成せずに作業を進めました。(必要なデータも入っていなかったので。。。)



画像
同意します」 をクリック後に、 「次へ」 をクリックします。



画像
次へ」 をクリックします。



画像
すると、ServicePack3へのアップデートが始まります。



画像
アップデートが終わると、この画面が表示されるので、 「完了」 をクリックします。(「今すぐ再起動しない」にチェックを入れてから完了をクリックすると、再起動されませんが、不具合防止の為に、アップデート後すぐに再起動しておいた方が良いと思います)



ServicePack3へのアップデート後

画像
ServicePack3へのアップデートが終わり、ノートPC(DELL INSPIRON 1501)の再起動後に、WindowsUpdateを確認すると、私が試した時点では、この画像のようにアップデートがダウンロード出来るようになっていました。

サポート終了までに公開されたアップデートだと思いますが、画像を見ると、 「悪意のあるソフトウェアの削除ツール2016年2月」 が表示されています。(これも正常にインストール出来ました)

ただ、WindowsXP用のWindowsLive(Windows Live Essentials 2009)は、既にダウンロード出来なくなっているようで、WindowsUpdateにはWindowsLiveも表示されているものの、エラーが出てWindowsLiveのインストールは出来ませんでした。



関連記事
自作PCが完成したので不要なノートPCは、ネットオークションで売ることに。

ノートPC(DELL INSPIRON 1501)のOS(WindowsXP)のインストール

"WindowsXPのServicePack3へのアップデート方法" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。