この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

メインで使っているPCをWindows10にアップグレード後に毎回再同期される(解決編)

メインで使っているPCをWindows10にアップグレード後に毎回再同期されるで書いた、Windows10にアップグレード後に、PCのシャットダウン後からの起動や再起動後に毎回、再同期がかかるという状況になり、色々と試した所、無事に、この問題が解決しました。

問題を解決してから1ヶ月ほど経過し、少なくとも私の環境では問題らしい問題も出てこないので、私の実行した解決方法を書いておきます。

また、少なくとも私が問題解決の為に、ネットで検索した時点では、解決方法が一切出てこず(検索方法が悪かっただけかもしれませんが・・・)、私が色々とPCの設定を変えてみたりして、解決方法を探し出しました。

そして、PCの環境によっては、同じ事をすると、他の不具合が出てくる可能性もありますので、参考にされる場合は、その事を念頭に置いて実行して下さい。



■ 複数の原因がありました

PCのシャットダウン後からの起動や再起動で、再同期がかかる原因として、私のPCの場合、2つ原因がありました。

1つ目の原因は、ダイナミックディスクのままWindows7からWindows10にアップグレードしてしまった事です。
どうやら、ダイナミックディスクのままWindows7からWindows10にアップグレードしてしまうと、Windows7の時には無かった、回復パーティションを作ろうとして、ダイナミックディスクの為に、回復パーティションの作成に失敗し、再同期をするという動作になっていたようです。

2つ目の原因は、Windows10の高速スタートアップが有効になっていた事です。
何故、高速スタートアップが有効になっていると、再同期がかかるのかは分かりませんが、高速スタートアップを無効化しないと、再同期がかかります。
ただ、高速スタートアップを有効にしたままでも、通常のディスク(ダイナミックディスクから通常のディスクに戻したディスク)に一旦戻したディスクで、RAID1(ミラーリング)を構築した場合だと、再起動では再同期がかからない事は、確認しており、再同期がかかるのは、PCをシャットダウンしてからの起動の時のみです。

恐らく、高速スタートアップが有効だと、次に電源を入れた時に、PCを高速で起動する為に、ディスクに書き込みをしていると思うのですが、その書き込みが影響して再同期がかかっているのではないかと思います。
ただ、実際に書き込みをしているのかは、分からないので、この点は良く分かりません。(高速スタートアップが有効だと、シャットダウンの時にディスクに何らかの書き換えをしている事は確かだと思います)



■ ダイナミックディスクを元のディスクに戻す

上で書いたように、回復パーティションを作ろうとして、ダイナミックディスクの為に、回復パーティションの作成に失敗を繰り返していたようだったので、まず、ダイナミックディスクを元のディスクに戻してやる必要がありました。

ただ、ダイナミックディスクを元のディスクに戻すには、ディスクの中に保存しているデータやパーティション分けの情報などが全て消えるので、必要なデータは一旦、全て他のハードディスクへ移動させました。

そして、ダイナミックディスクを元のディスクに戻した後に、Windows7 Ultimateをインストールし、Windows7のインストール後にWindows10のアップグレード通知が出てら、Windows10にアップグレードという手順を取りました。

また、Windows10のisoデータをDVDに焼いたもので、Windows10にアップグレードすると、直ぐに、バージョン1511が適用されない為、上記の手順を取りました。
現段階では、DVDなどからアップグレードすると、バージョン1511が適用されるまでに1ヶ月ほど待つ必要があるようです。



■ 回復パーティションの削除

画像
Windows10にアップグレードをした後に、RAID1(ミラーリング)を構築しようとした所、このメッセージが表示され、RAID1(ミラーリング)が出来ませんでした。
どうやら、これは回復パーティションが、ある事が原因のようだったので、回復パーティションの削除をしました。



■ Windowsの機能を使って、RAID1(ミラーリング)の構築

Windowsの機能を使い、RAID1(ミラーリング)を構築する方法は、Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築に書いた通りです。

Windows10だとProのエディションが必要です。(エディションがHomeだと、この機能自体が無いです)



■ 回復パーティションの削除後、RAID1(ミラーリング)の構築をしようとしたら
                                              更にエラーメッセージが出ました


画面の指示に従い、Windowsの機能を使い、RAID1(ミラーリング)を構築しようとした所、 「ディスクの管理コンソールのビューが最新の状態でないため、操作を完了できませんでした。」 というメッセージが出て、RAID1(ミラーリング)の構築が出来ませんでした。(スクリーンショットは、撮り忘れました。。。

解決方法として、該当のドライブ(Cドライブ)をディスクの管理で右クリックし、 「ボリュームの縮小」  「Cドライブを1MB縮小」 し、次にディスクの管理で再び該当のドライブ(Cドライブ)を右クリックし、 「ボリュームの拡張」  「Cドライブを1MB拡張(元の容量に戻す)」 を実行しました。

そして、再び、Windowsの機能を使い、RAID1(ミラーリング)の構築作業をした所、今度はエラーメッセージも出ず、上手くRAID1(ミラーリング)の構築をする事が出来ました。



■ Windows10の高速スタートアップの無効化

上でも書きましたが、RAID1(ミラーリング)の構築後、再起動では再同期がかからないのですが、シャットダウンしてからのPCの起動では再同期がかかるという状態になりました。
その為、上でも書いたように、高速スタートアップの無効化をする事で、シャットダウンしてからのPCの起動でも再同期がかからない状態になりました。



■ そもそも、Windowsの機能を使い、OSをミラーリングしようとするのが間違えかもしれない

そもそも、Windowsの機能を使い、OSをミラーリングしようとする事自体が間違っているのかもしれませんが、取りあえず、上記設定をする事で、問題無くRAID1(ミラーリング)の運用が出来るようになったので、このままWindowsの機能でのRAID1(ミラーリング)で運用しようと思います。




【あす楽対象】【送料無料】 WESTERNDIGITAL(ウエスタン WD Red [SATA・3TB] バルク品 WD30EFRX
ビックカメラ楽天市場店
※「あす楽」対象外となるケースがあるので必ず注意事項をご確認下さい。NAS向けに最適化された世界初の


楽天市場 by 【あす楽対象】【送料無料】 WESTERNDIGITAL(ウエスタン WD Red [SATA・3TB] バルク品 WD30EFRX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
また、Western Digitalの 「レッド」 と 「ブルー」 の内蔵ハードディスクドライブの購入で書いたように、マザーボードの機能を使い、RAID1(ミラーリング)を構築する時は、このRAIDに対応したハードディスクを買っています。

上記のシャットダウンをしてからのPCの起動や再起動後に再同期がかかる問題が解決しなければ、PCの内蔵ハードディスクの容量を3TBにするのも兼ねて、このハードディスクを2台購入し、マザーボードの機能を使って、RAID1(ミラーリング)を構築しようとも考えましたが、特に必要はありませんでした。(今回は、WesternDigitalのWD20EZRXが2台でRAID1を構築しました)



◆新製品!!【SANDISK】SDSSDA-480G-J26C
BESTDO楽天市場店
.メール便不可X容量480GB最大読出し速度:535MB/秒最大書込み速度:445MB/秒BOX品.


楽天市場 by ◆新製品!!【SANDISK】SDSSDA-480G-J26C の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ただ、そろそろ、SSDを導入した方が良いかなと思ってもいます。
もしSSDを買うなら、動画の編集もするので、この位の容量が必要かなと思っていますが、現在使っているPCケースは、内蔵ハードディスクやSSDの取り付けが3台までしか出来ず、SSDにOSや各種ソフトをインストールし、RAID1(ミラーリング)するとして、SSDが2台とデータ保管用にバックアップも兼ねて内蔵ハードディスクを2台取り付けする必要があるので、必然的に1台取り付けられません。(対応する方法も無くは無いですが)

となると、PCケースも買い換える必要があるので、金銭的に今はまだSSDは無理そうです。



関連記事
メインで使っているPCをWindows10にアップグレード後に毎回再同期される

Windows10の回復パーティションの削除方法

Windows10の高速スタートアップの無効化

ダイナミックディスクを元のディスクに戻す方法

Windowsの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築

Western Digitalの 「レッド」 と 「ブルー」 の内蔵ハードディスクドライブの購入

"メインで使っているPCをWindows10にアップグレード後に毎回再同期される(解決編)" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。