この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の内蔵HDDの取り外しと取り付け

もしも今日という日に点数をつけるとしたら満点なのかもしれない。(71)で書いた通りなのですが、Windows10にアップグレードして使っているノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の電源が全く入らなくなりました。



画像
そして、ノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の復帰を試みる過程で、ノートPCの内蔵HDDを一旦取り外してから再取り付けする事にしました。(結果は、もしも今日という日に点数をつけるとしたら満点なのかもしれない。(71)で書いた通り、効果無しでした)





■ 内蔵HDDを一旦取り外して再取り付けした理由

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)のメモリの取り外しと取り付けで書いた理由と同じですが、PCが上手く起動しなくなった場合に、PCを一旦バラしてから再組み立てするだけで上手く起動するようになる場合があります。
その為、内蔵HDDが比較的簡単に取り外しが出来るようになっていたので、ダメ元で一旦内蔵HDDを取り外して内蔵HDDを再取り付けしてみました。

ただ、私の経験上は、PCが正しく組み上がっているにも関わらず、上手くPCが起動しないという事になる時は、メモリの交換など何かハード的にPCを触った時のみです。
PCが故障していないのを前提に、PCをソフト的にも、ハード的にも変更していないのに、上手くPCが起動しないと言う事になる場合もあるかもしれませんが、私は、今の所、そのような経験はありません。





■ ノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の内蔵HDDの取り外し

ノートPCの内部を触る時は、まず、ACアダプターや電池を取り外す必要があります。
また、PCの内部のパーツは、静電気で故障する為、静電気対策が必要です。

また、PCを分解する時点で、保証期間内の修理や保証期間外の修理が出来なくなる可能性があるので、この記事を参考にされてPCを分解される場合は、その事を理解した上で分解して下さい。

そして、東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)のコイン型電池の交換と同様に、内蔵HDDの取り外しや取り付けには、1番とか#1などと表記されたサイズのプラスドライバーが必要です。



画像画像
ノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の内蔵HDDを取り外すには、赤丸の2本のネジ(左側の写真)を緩めて裏蓋を開けます。

裏蓋を開ける時は、蓋の裏側に引っ掛ける為の突起(右側の写真の赤枠)が左右に1つずつ付いている為、蓋を開ける時は、引っ掛かっている感じがあります。
また、ネジはEリングが取り付けされている為、ネジが外れないようになっています。(ネジが外れて無くなるという心配はありません)



画像
ノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の裏蓋を開けると、こんな風に内蔵HDDが取り付けされています。
そして、内蔵HDDを外すには、赤丸をしてある3つのネジを取り外します。



画像
ネジを取り外すと、金属の内蔵HDDを固定する為のプレートが乗っているだけという状態になるので、金属のプレートも取り、この写真の状態にします。

そして、赤矢印の方向に、内蔵HDDをスライドさせます。



画像画像
内蔵HDDをスライドさせると、この写真のように内蔵HDDが取り外し可能な状態になります。





■ ノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の内蔵HDDの取り付け

画像画像
ノートPC(東芝 dynabook T451/34DW)の内蔵HDDの取り付けは、取り外し時の逆手準をするだけです。

左側の写真のように内蔵HDDをセットし、赤矢印の方向に内蔵HDDをスライドさせます。(右側の写真のように、内蔵HDDを接続するコネクタはL字になっており、方向性があるので注意が必要です)



画像
内蔵HDDをスライドさせると、この写真の状態になります。



画像画像
次に、内蔵HDDを固定する金属のプレートを乗せるのですが、方向性があり、表側が見えるように乗せます。(仮に、この写真のように表と裏を決めた場合)



画像画像
金属のプレートを乗せると、左側の写真のようになり、赤丸の3カ所をネジで締めると、右側の写真のようになります。(元あったように、真ん中の所に黒色のネジを使いました)

また、注意点としては、1本ネジを入れてそのネジを本締めすると言う風にすると、ネジを締めた時に金属のプレートがズレて次のネジをネジ穴に入れる時に金属のプレートが邪魔をしてネジ穴にネジを入れる事が出来ないという事になる可能性があります。

その為、金属のプレートが多少動く程度に3カ所とも全てのネジをネジ穴に入れてからネジの本締めをします。



画像画像
内蔵HDDの固定が終わったら、次は、裏蓋を閉めます。
左側の写真の赤矢印の所に、右側の写真の赤枠の突起を引っ掛けて裏蓋を乗せます。



画像
裏蓋を乗せると、この写真のようになるので、赤丸の辺り2カ所を押さえて、裏側にある突起をはめ込みます。



画像
突起をはめ込むと、この写真のようになるので、最後に赤丸で囲んだネジ2本をプラスドライバーで締めて、蓋閉めは完了です。





■ ネジ止め剤が付いていました

画像
内蔵HDDの固定に使われているネジには、ネジ止め剤(緩み止め)が使われていました。



【カクダイ シールテープ5M (797-015)】DIYツール【楽ギフ_包装】fs04gm、【RCP】
イースクエア
【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_メッセ入力】 ギフト対応について 楽天国際配送対象店舗


楽天市場 by 【カクダイ シールテープ5M (797-015)】DIYツール【楽ギフ_包装】fs04gm、【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ネジ止め剤と言っても、硬くてネジを回すのが大変と言う事も無く、こう言った、水道管の接続時に水道管のネジ山に巻いてネジ山からの水漏れを防ぐ為のシールテープを私はネジの緩み止めにも使っていますが、細いネジに、このシールテープを巻いた時と同じようなネジ回しの抵抗具合でした。(ある程度のネジ止め剤代わりにもなり、細いネジなら簡単に緩める事も出来ます)



関連記事
東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の電源が入らなくなりました。

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の電池の取り外しと取り付け

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)のコイン型電池の交換

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)のメモリの取り外しと取り付け

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の分解

東芝のノートPCのOSを流用していいかMicrosoftに聞いてみました。

"東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の内蔵HDDの取り外しと取り付け" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。