この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Photoshop Elements 5.0で起動時にエラーメッセージが出る対処方法

Windows10のPCで、Photoshop Elements 5.0を使い、絵を描いたり、写真を編集したりするのに使っています。

Photoshop Elements 5.0は、正式にはWindows10には対応しておらず、少なくとも私のPCの環境では、Windows10でPhotoshop Elements 5.0の筆圧感知が正常に動作しました。で書いた通り、最大化したままPhotoshop Elements 5.0を終了すると、次に起動する時にエラーメッセージが出て起動出来なくなってしまいます。

その為、最大化を解除し忘れて、Photoshop Elements 5.0を終了する事で、次に起動する時にエラーメッセージが出てPhotoshop Elements 5.0を起動出来ないのを回避する為に、最大化せずに使っていました。

ただ、最大化して使った方が、作業スペースが少しでも増えて便利なので、最近はPhotoshop Elements 5.0を最大化して使っています。


ただ、Photoshop Elements 5.0の最大化を解除し忘れて終了した時に、Windows10でPhotoshop Elements 5.0の筆圧感知が正常に動作しました。で書いた方法で対処していたのでは、不便です。

その為、Photoshop Elements 5.0の最大化を解除し忘れて終了した時は、レジストリ値を削除する事で、Photoshop Elements 5.0の最大化の状態を初期化して対処しています。





■ レジストリ値の削除の前準備(バックアップ)

レジストリは、設定情報などを保存しているので、間違ったものを削除してしまうと、使っているソフトに不具合が出たり、最悪OS自体が起動しなくなったりします。

その為、レジストリ値を削除する前には、レジストリのバックアップを取っておいた方が無難です。

レジストリのバックアップについては、こちらのページを見てください。





■ レジストリ値を削除してPhotoshop Elements 5.0の最大化の状態を解除

上でも書きましたように、間違ったレジストリ値を削除してしまうと、使っているソフトやOSに不具合が出る可能性があります。



画像
Photoshop Elements 5.0を最大化したままの状態で終了させたのが原因で、このエラーメッセージが出て、 Photoshop Elements 5.0」 が起動しないという状態から抜け出す方法です。
(使用PCは、Windows10です。他のOSだと操作方法が違う場合があります)



画像
左下にある 「スタートボタンを右クリック」 し、 「ファイル名を指定して実行」 をクリックします。
(キーボードの【Windowsキー】+【Rキー】でも同じ事が出来ます)



画像
すると、この画面が開くので、 「regedit」 と入力し、 「OK」 をクリックします。



画像
次に、この画面が表示されるので 「はい」 をクリックします。



画像
すると、 「レジストリエディター」 が起動しますので、
コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Adobe\Photoshop Elements\5.0
(コンピューター → HKEY_CURRENT_USER → SOFTWARE → Adobe\Photoshop Elements → 5.0)
を開きます。



画像
Photoshop Elements 5.0の設定によって項目数が違う場合もあるかもしれませんが、この画像の赤点があるフォルダを開いていき、最終的に 「5.0」 のフォルダの中の内容を確認すると、このような項目があると思います。



画像
そして、この 5.0」 のフォルダの中の 「AppWindowMaximized」 という値を削除します。



画像
AppWindowMaximized」 の削除は、 「AppWindowMaximized」 を右クリックすると、この項目が開くので、削除をクリックします。
(AppWindowMaximizedをクリックし、キーボードのDeleteキーを押すでも同様の事が出来ます)



画像
すると、この画面が開くので、 「はい」 をクリックします。
(Photoshop Elements 5.0の最大化の状態が初期化され、Photoshop Elements 5.0が起動出来るようになります)







■ 値のデータを修正する事でも最大化の状態を初期化出来ます。

画像
AppWindowMaximized」 を右クリックし、 「修正」 をクリックします。



画像
すると、この画面が開くので、 「値のデータ」 の所の数字を 「1から0に変更」 し、 「OK」 をクリックします。
(Photoshop Elements 5.0の最大化の状態が初期状態に戻り、Photoshop Elements 5.0が起動出来るようになります)



関連記事
レジストリのバックアップ方法と復元方法

Windows10でPhotoshop Elements 5.0の筆圧感知が正常に動作しました。

"Photoshop Elements 5.0で起動時にエラーメッセージが出る対処方法" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。