この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ノートパソコンの光学ドライブをデスクトップパソコンで使う方法

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の分解で書きましたように、ノートPCを分解しました。

そして、該当のノートPCは、修理に出す気は無いので、使えるパーツは他のPCで使う事にしました。
(今回は、ノートPCに取り付けされていた、光学ドライブをデスクトップPCで使いました)





■ ノートPCの光学ドライブ(DVDドライブ)を使用するPC

Western Digitalの 「レッド」 と 「ブルー」 の内蔵ハードディスクドライブの購入で書いた、マザーボードの機能を使ってRAID1(ミラーリング)を構築しているPCは、稼働時間が長いという事もあり、年に1度、内蔵ハードディスク2台の内1台を交換し、ついでにOSを再インストールしています。

ただ、そのRAID1(ミラーリング)を構築しているPCは、普段は光学ドライブを使わないので、光学ドライブは取り付けしておらず、毎年、SDカードからOSをインストールしていました。

そして、そのOSをインストールするSDカードは専用化しておらず、毎回、OSをインストールする頃になる度に、OSのインストールデータをSDカードに書き込んで準備していました。

これでは、不便なので、今回は、壊れたノートPCの光学ドライブもあったと言う事もあり、壊れたノートPCの光学ドライブをデスクトップPCでOSをインストールする時にだけ使う事にしました。
(ただ、OSのインストール時間自体は、USBメモリやSDカードを使ってインストールした方が早いです)





■ 今回のノートPCに取り付けされていた光学ドライブのインターフェイス

ノートPCを買った年代によっても違う場合があると思いますが、今回の故障したノートPCには、 「Slimline SATA」 という接続端子(インターフェイス)が採用された光学ドライブが使われていました。



画像
ちなみに、左側が、 「Slimline SATA」 で、右側が 「通常のSATA」 です。

似た様な形ですが、大きさが違うのがわかると思います。
(当たり前ですが、大きさが違うので通常のSATAのケーブルは使えません)



通常のSATAのケーブルでは接続できないので、 「アイネックスのSLS-3005SA」 を購入し、使う事にしました。
(ケーブル長が20cmのモデルもありますが、私のPCケースの場合は、この50cmのモデルが適しているようです)



画像画像
接続は、まず、左側の写真のコネクターを、 「マザーボード」 と 「電源から出ているケーブル」 に接続します。

次に、右側の写真の黒色、赤色、青色の線が出ているコネクターを光学ドライブに接続したら、接続は完了です。
(わかると思いますが、コネクターがL字になっているので、方向性があり、接続方向に注意が必要です)



PCケースの5インチベイに固定したい場合は、こう言った金具も買う必要がありますが、光学ドライブを使いたいのはOSをインストールする時のみで、OSのインストールが終われば光学ドライブを取り外すので、この金具は買いませんでした。



画像
このように5インチベイに、一時的に光学ドライブを設置して使いました。

物によっては、基板がむき出しという光学ドライブもあるかもしれませんが、今回の光学ドライブは、基板がむき出しになっていると言う事も無かったので、この状態でも特に問題ありません。
(もし基板がむき出しになっている場合は、PCケースが金属製なので、このような置き方をすると、ショートの危険性があります)

常時この置き方だと、PCケース内にホコリが入りやすくなると思いますので、常時この置き方をするのは余りお勧めしません。
(頻繁にPC内部のホコリ掃除をしていれば、この置き方を常時していても問題にならないかもしれませんが)



関連記事
ノートパソコン(東芝 dynabook T451/34DW)から部品取りをしました。

東芝 dynabook T451/34DW(ノートPC)の分解

"ノートパソコンの光学ドライブをデスクトップパソコンで使う方法" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレス(ウイルスバスターで危険の表示をするアドレス)をコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合(クリックすると説明が表示されます)



私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

どうやらInternet Explorerを使うとエラーがでるようで、、、試した中では、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

Internet Explorerでコメントを書き込もうとして、一度でもエーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、Google Chromeなど別のブラウザを使う方が良いみたいです。
(コメントは書き込むのボタンをクリックする前に入力内容をコピーしておくと、何かのエラーで書き込みに失敗しても再度書き込む時にペーストするだけなので楽です)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。

メールアドレス(2021/5/11(火)以降ウェブリブログの仕様変更で無くなります)は、全体に公開されることはありません(私にだけわかるように通知が来るだけ)が、今の所、ウェブリブログの仕様上メールの入力欄は消せないので、そのままになっています。
(私のパソコンなどの機器が、ウイルス対策ソフトでも検出しないようなコンピューターウイルスに知らない間に感染していると、コンピューターウイルス付きのメールを送ってしまう可能性がある為、メールでの返信はしておりません

お名前
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。