この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を2年以上使用した感想

ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を使用した感想で書きましたように、ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を自転車に取り付けしてドライブレコーダー代わりにしたりして使っています。

購入から2年以上経過し、新たに気が付いた事などがあるので、少しですが、書いておきます。





■ HX-A1Hは、よくフリーズします。

Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A1H-K
パナソニック
2015-06-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A1H-K の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
このPanasonicのHX-A1Hというカメラを使っています。

このカメラ、ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を1年以上使用した感想でも書きましたが、よくフリーズします。

よくフリーズすると言ってもWi-Fiの機能は使わずに、HX-A1H本体にあるボタンだけで操作している分には、今の所、一度もフリーズした事はありません。

ただ、HX-A1H本体にあるMODEのボタンを1秒以上長押しして、HX-A1HのWi-FiをONにし、スマートフォンと接続すると、酷い時は、スマートフォンと接続した瞬間にフリーズという状態になる事があります。
(ここまで酷いのは、年に数度程度)

そして、フリーズしてしまった場合の復帰は、HX-A1H本体にあるリセットボタンを押すか、電池切れをするのを待つかのどちらかになります。


HX-A1Hでしかやりたい事が実現できない場合は、買っても良いかもしれませんが、別のカメラでも対応できる事しかしないのなら、フリーズしやすいという問題があるので、HX-A1Hの購入は見送った方が良いのではないかと思います。



画像
2台ありますが、2台ともフリーズしやすいのは同じなので、壊れているという訳でも無いと思います。





■ 一部のパーツが壊れました

画像
ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を1年以上使用した感想を書いた少し後ぐらいだったと思いますが、この写真のように端子カバーを外そうとして回した所、バラバラになってしまいました。

原因は、自転車のドライブレコーダー代わりに使っているので、自転車で走る時の振動が原因だと思います。

接着剤を使用した痕跡があるので、振動によって接着剤が取れたのが原因か、振動によって内部の突起が摩耗してバラバラになったのか、ハッキリとした原因はわかりませんが、バラバラになってしまいました。



ロードバイクに取り付けしているので、タイヤの空気圧が高く、ママチャリなどと比べると、振動が激しいです。
(タイヤの空気圧は、7.5気圧で入れています)

アスファルトにヒビが入っている所を通ったり、段差を乗り越えたりすると、この映像のような振動がカメラに伝わります。

また、音は路面からの振動音で、風音低減の機能はOFFの状態にしてあります。

ただ、雨天時でも給電しながら使う為に、この記事で書いたように、表面保護テープやラップをHX-A1H本体に巻いている為、風切り音は入りにくい状態になっていますので、風切り音が入りにくいと勘違いされないようにお願いします。



Panasonic 端子カバー(USB接続用・黒) SFC0321
Panasonic

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Panasonic 端子カバー(USB接続用・黒) SFC0321 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
一応、壊れた所だけでも売っているのですが、高いので買っていません。



Panasonic 端子カバー(防水用・黒) SFC0318
Panasonic

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Panasonic 端子カバー(防水用・黒) SFC0318 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ケーブルを接続できないタイプの端子カバーも標準で付いていますが、どうやら、ケーブルを接続できるタイプの端子カバーの穴を塞いだだけのような気がします。

なので、この端子カバーの値段も一応見てみましたが、高いのは同じです。

また、標準で付いていたこの端子カバーの塞いでいる所を取って対応しようかとも考えましたが、内部にOリングなどを取り付けして防水対策がされていると思うので、分解する事で、元に戻したとしても防水性能を保持できなくなる可能性もあるので止めておきました。
(この端子カバーを使う可能性もあるので。。。)


画像
また、最初、中途半端にバラバラになった為、内部の突起が見えず、元に戻そうとした所、ヒビが入ってしまいました。

取りあえず、組み立てし、適度なトルクで閉めると、ヒビは見えない状態なので、そのまま使っています。

また、上記でも書きましたように、表面保護テープやラップを巻いて使っているので、私の場合は、取れて無くなると言う可能性はかなり低く、使用上は特に問題無いかなと思っています。



関連記事
ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を使用した感想

ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を1年以上使用した感想

"ウェアラブルカメラ(Panasonic:HX-A1H)を2年以上使用した感想" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。