この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

この記事でRAIDケースの購入を検討している事を書きましたが、RAIDケースの購入は初めてで、どのRAIDケースが良いのかがわからず、評判の良かった、このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。

写真などを交えて、いくつかの記事に分けて、書いていきたいと思います。


また、購入を計画した当初は、型番がRS-EC32-U3RWSでしたが、RS-EC32-U3RWSXに型番が変更になりました。

2つの違いは、ラトックシステムのこのページ見ると、 【ハードウェア仕様は、ロングセラーのRAIDケース「RS-EC32-U3R」「RS-EC32-U3RWS」と同等となります。従来品は原材料価格の高騰により採算的に厳しくなったため、本製品では販売価格を改定し安定した製品供給をおこなっていきます。】 とあるので、原材料費が上がった為、値上げしただけで、同じもののようです。

個人的には、単純に型番は、そのままで値上げだけすれば、買う側は余計な混乱をしなくて済むと思うのですが、値上げの為に型番が変わっています。


RAID1(ミラーリング)の注意点

上のRAIDケースは、いくつかのモードがありますが、RAID1で運用してバックアップ目的で運用する場合、即時反映の為、 【間違ってデータを消す】 や 【コンピューターウイルスに感染する】 と言った事も即時反映されるので、本来の意味ではバックアップにはなりません。

RAID1は、データを記録しているディスクが1つ壊れても、他のディスクに同じデータが記録されているので、ディスクの故障からデータを守る事ができると言うのが主な目的です。

もし、バックアップ目的でRAIDケースを購入される場合、この点にご注意下さい。






■ ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

RAIDケースの購入を検討しています

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)少し使ってみた感想

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のメリットの詳細

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のデメリットの詳細

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に内蔵HDDを取り付け

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のDIPスイッチの設定

RATOC RAID監視マネージャーのインストール

RATOC RAID監視マネージャーを使ってみました。

"ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。