この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に内蔵HDDを取り付け

このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。
(このRAIDケースの他記事は、ここにまとめてあります)

このRAIDケースは、内蔵HDDを別途購入して自分で取り付けする必要があり、内蔵HDDの取り付けなどは、下記のようになりました。


RAID1(ミラーリング)の注意点

上のRAIDケースは、いくつかのモードがありますが、RAID1で運用してバックアップ目的で運用する場合、即時反映の為、 【間違ってデータを消す】 や 【コンピューターウイルスに感染する】 と言った事も即時反映されるので、本来の意味ではバックアップにはなりません。

RAID1は、データを記録しているディスクが1つ壊れても、他のディスクに同じデータが記録されているので、ディスクの故障からデータを守る事ができると言うのが主な目的です。

もし、バックアップ目的でRAIDケースを購入される場合、この点にご注意下さい。






■ RAIDケースに取り付けした内蔵HDD

最初は、ロット不良でRAIDケースに取り付けした内蔵HDD2台がほぼ同時に故障するという事を避ける為に、RAIDに対応した同容量のこの2機種の取り付けを考えていました。

ですが、ラトックシステムの仕様のページの一番下を見ると、 【RAID0、RAID1で動作させる場合、同一メーカー、同一型番のHDDを使用されることをお勧めします。】 とあり、今回は、RAID1(ミラーリング)で使うので、この所が気になってRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の購入前にラトックシステムにメールで問い合わせてみました。



画像
ラトックシステムにメールで同一型番の内蔵HDDを使わなかった場合、データが消えるなど何か問題が起きるのかメールで問い合わせてみた所、こう言った回答で別型番の内蔵HDDを使った事が原因でデータが消えるという事は無いようです。

ただ、具体的にどう言った問題が発生するのかがわからず、具体的にどう言った問題が発生するのかメールに返信する形で再度問い合わせました。



画像
具体的にどう言った問題が発生するのかの問い合わせの回答が、こう言った回答で、どうやら可能性の問題として、同一型番の内蔵HDDを使わないと、問題が起きる可能性があるので、注意書きとして書かれているもののようです。

ただ、今回はRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)をRAID1(ミラーリング)で使うので、念のため別型番の内蔵HDDを使うのは止めて、WesternDigitalのWD30EFRX(左側の赤色の内蔵HDD)を2台使う事にしました。
(同時期に2台買うと、2台ともロット不良品に当たる可能性はあります)





■ RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に内蔵HDDを取り付け

内蔵HDDは静電気で故障する為、内蔵HDDを取り扱う時は、静電気対策が必要です。
(静電気対策については、こちらの記事をご覧下さい)

また、緑色のゴムマットは、アースに接続した静電気対策用の導電性のゴムマットです。

RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)への内蔵HDDの取り付けは、説明書に従い、下記のように取り付けしました。



画像画像
内蔵HDDの取り付けは、まず、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の蓋を、この写真のように取り外します。



画像画像
蓋を取り外すには、まず、底面にあるロックを解除します。

ロックの解除は、矢印の方向にロックをスライド(左側の写真)させ、右側の写真のようにすると、ロックが解除された状態になります。



画像画像
ロックを解除したら、蓋を矢印の方向(左側の写真)へスライドさせ、右側の写真の状態にします。

右側の写真の状態にすると、蓋を持ち上げる事で、蓋が外れます。



画像
次に、内蔵HDDの取り付けですが、HDD1とHDD2とで内蔵HDDの取り付け方向が逆なので注意が必要です。
(この写真のコネクターを見れば、逆なのがわかると思います)

HDD2にセットした内蔵HDDのシリアルナンバーが表示されます。

Data Lifeguard Diagnostic for WindowsでHDDのシリアルナンバーを確認すると、RAIDケースをSINGLEで動作させていても2台とも同じシリアルナンバーになっており、どうやらHDD2にセットしたHDDのシリアルナンバーがパソコンで確認すると、表示されるようです。

最初、同じシリアルナンバーが表示されたので、RAIDケースをもう一度開けてHDDのシリアルナンバーを確認しましたが、違うシリアルナンバーで、HDD1とHDD2を入れ替えてみると、HDD2にセットしたHDDのシリアルナンバーがパソコンで表示されました。




画像
メーカーの違いなどで内蔵HDDに貼り付けされているラベルの方向性が違ったりするので一概に言えませんが、今回使用した内蔵HDD(WesternDigital:WD30EFRX)の場合、この写真の方向で取り付けします。

横向きにして取り付け

説明書を見ると、RAIDケースを横向きにして内蔵HDDを取り付けして欲しい事が書かれています。

恐らくこれは、内蔵HDDを取り付けする時に落としにくくしたり、コネクター同士がズレて上手く入らない原因になるのを防いだりする目的などがあると思います。




画像
RAIDケースに内蔵HDDを完全に差し込むと、こんな風になり、少し出ている状態になります。



画像
次に、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に付属しているネジで手前の2カ所(赤丸の2カ所)をネジ止めします。
(ネジ穴が合わない場合は、後ろの2カ所ネジ止めのようです)

ネジ止めは、横向きのままでもできない事は無いですが、ネジなめをし易くなるので、RAIDケースを転がすようにして回して写真の状態にしてネジ止めしました。



ベッセル VESSEL No.310 木柄普通ドライバー +2×100
プラスワンツールズ
【メーカー】 ●(株)ベッセル 【特長】 ●柄は木柄でマホガニー色、握りやすい形に設計されています。


楽天市場 by ベッセル VESSEL No.310 木柄普通ドライバー +2×100 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ネジ止めに使うプラスドライバーは、No2や2番などと表記されているサイズのものが適合します。

ご家庭に1つぐらいはあると思いますが、もし無ければホームセンターなどで300円~400円程度の価格帯のものを買うのが良いと思います。
(もし購入されるなら持ち手の形状が色々あるので、ホームセンターなどで現物を触ってみて使いやすそうなものを買うのが良いと思います)



画像
次に、蓋の取り付けですが、ロックされた状態だと、この写真のように突起が出た状態になるので、この状態で蓋を無理に取り付けすると、恐らく、この突起が破損します。

なので、内蔵HDDの取り付け作業中に無意識の内にロックを触って、この突起が出た状態になっていないか確認してから蓋を取り付けする必要があります。



画像画像
蓋の取り付けは、左側の写真のように蓋をセットして、矢印の方向に蓋をスライドさせます。
(蓋の裏側に内蔵HDDを押さえる金具があるので、蓋の取り外し時よりはスライドが固めです)

そして、右側の写真の状態になったら、ロックをして蓋の取り付けが完了します。


次に、DIPスイッチの設定ですが、購入時に設定されていたままにしました。



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

"ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に内蔵HDDを取り付け" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。