この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のDIPスイッチの設定

このラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)を購入してみました。
(このRAIDケースの他記事は、ここにまとめてあります)

RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)への内蔵HDDの取り付けが完了した次は、説明書の説明ではDIPスイッチの設定をする事になっていますが、下記のような理由で購入時に設定されていた状態のままにしました。





■ DIPスイッチの設定

画像
RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の背面にあるDIPスイッチ(写真の赤枠)は、下記のような理由で変更せずに購入時に設定されていた状態のままにしました。
(1:ブザーがON、2:電源連動がOFFの状態のままにしました)

1:ブザー

写真の状態がONの状態ですが、 【1:ブザー】 をONにすると、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)に取り付けしたHDDまたはRAIDケース自体が異常の時にブザーが鳴るようです。

また、説明書には、 【無効にするとHDD破損/RAIDシステム異常時でもブザーは鳴りません。】 という注意書きもあるので、何かの理由でRAID構成が崩れた時にもブザーが鳴るのかもしれません。

今回は、RAID1(ミラーリング)で運用するので、取り付けした2台の内蔵HDDが全て壊れてから気が付いていたのでは遅いので、この機能はONにしました。

2:電源連動

写真の状態がOFFの状態ですが、ONにすると、パソコンの電源を切ったり、スリープや休止にしたりした時にHDDの電源も切る機能のようです。

ただ、説明書の注意書きに 【本機能が無効の場合もHDDのスピンダウンはおこなわれます。】 とあります。

そして、外付けHDDのACアダプターはON、OFFのスイッチが付いたOAタップに接続し、必要な時のみOAタップのスイッチをONにして外付けHDDを使い、必要の無い時は、安全な取り外しをして、OAタップのスイッチをOFFにするという使い方をしているので、この機能はOFFにしました。


次は、説明書通りにすると、動作モードの選択(RAIDの作成)ですが、RAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)の背面にあるボタンは使わず、RATOC RAID監視マネージャーをパソコンにインストールし、パソコンでRATOC RAID監視マネージャーを操作する事で動作モードの選択をしました。



関連記事
ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)

"ラトックシステムのRAIDケース(RS-EC32-U3RWSX)のDIPスイッチの設定" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。