この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

ロードバイク(自転車)のブレーキ(BR-R560)の記事のまとめ

ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古
サイクリー
製品情報カテゴリブレーキ関連 ブレーキ本体 サイドプルブレーキ メーカーシマノ年式-色状態ランクC(


楽天市場 by ブレーキ本体 サイドプルブレーキ シマノ ブレーキキャリパー BR-R560 サイドプル - 中古 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
現在使っているロードバイク(自転車)に標準で取り付けされていたブレーキに、がたつきなどが出てきたので、ブレーキがかけられないなどの問題は起きていませんでしたが、何かが起きてからでは遅いので、保守的にブレーキの交換をしました。

ブレーキは新たに買ったなどは無く、以前フレームにヒビが入って使えなくなったロードバイクから取り外して保管しておいた、このBR-R560というブレーキに交換しました。

そして、下記はBR-R560に交換する前にブレーキ(BR-R560)を分解して整備や分解したついでに一部のパーツの交換をした時の事を書いた記事のリンクです。

互換性について

ブレーキには互換性があります。

使用されている自転車がロードバイクで上記のBR-R560と同じタイプのブレーキが付いているから同じタイプのブレーキなら大丈夫だろうと安易にブレーキを交換してしまうと、互換性が無く危険な事になる場合があります。

物理的には取り付けできても、互換性が無いものに交換してしまうと、ブレーキレーバーには引き率と言うものがありますので、ブレーキの制動力が極端に落ちたり、逆にブレーキの制動力が極端に上がりすぎてタイヤをロックし易くなり、転倒する原因になったりします。
(最適なブレーキの制動力というものがあります)


もし互換性がわからない場合は、ブレーキの交換前に 【購入店やメーカーに問い合わせる】 や 【メーカーのホームページなどで互換性を確認する】 などして下さい。

ブレーキレーバーとブレーキ本体が別メーカー同士なら取り付けして試してみるしか無いと思いますが、交換後いきなりいつも通り走り出すと言う事はせず、誰もいない所などで徐行から順にブレーキの制動力を試していき徐々に速い速度で試すと言う風にするのが良いのかなと思います。

ただ、個人的には、自転車を買った時に元々別メーカー同士での組み合わせだったものを元の状態に戻すと言う時以外は、別メーカー同士でのブレーキレバーとブレーキを組み合わせるのはお勧めしていません。
(同じメーカー同士でも、互換性がありますので注意が必要です)






■ ロードバイクのブレーキ(BR-R560)の整備の記事のリンク

ロードバイクからのブレーキの取り外し方

ロードバイクへのブレーキ(BR-R560)の取り付け(その1)

ロードバイクへのブレーキ(BR-R560)の取り付け(その2)

ロードバイクへのブレーキ(BR-R560)の取り付け(その3)

ロードバイクのブレーキ(BR-R560)へのブレーキシューの取り付け

◆ ロードバイクのブレーキ(BR-R560)の分解(記事作成中)

◆ ロードバイクのブレーキ(BR-R560)の組み立て(記事作成中)

"ロードバイク(自転車)のブレーキ(BR-R560)の記事のまとめ" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。