この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Microsoft Office 2003のアンインストール方法

Office Personal Edition 2003
マイクロソフト
2003-10-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Office Personal Edition 2003 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
この、Microsoft Office Personal Edition 2003をインストールして使っているパソコンが先日までありました。

ただ、Office 2003は、既にサポートが終了したOfficeなのでセキュリティの更新も無く、セキュリティ上はあまり良くないと言った状態になっていました。

一応、Office 2013(パッケージ版)を1台のパソコンにしかインストールしておらず、同一ユーザーの使う2台のパソコンまでインストールができるので、ライセンス上はOffice 2013をインストールしても問題無いのですが、該当のパソコンでのOfficeの使用頻度は、年に数回程度なので、Office 2013をアンインストールして別のパソコンにインストールしたくなった時に電話認証などが必要になると面倒なので、Office 2003のまま使っていました。

そして、Office Mobileをインストールする為に、Office 2003や関連するもののアンインストールを下記のようにしました。





■ Office Mobile

Office Mobile(無料)は、このページこのページこのページを見ると、Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016の機能縮小版ととらえて良さそうです。

また、このページに 【10.1 インチより大きいタブレットでの利用は無料版では閲覧のみ可能】 とあり、今回Office Mobileをインストールするパソコンは、23インチ画面なので、実際にOffice Mobileをインストールするまでわかりませんが、閲覧のみと言う事になりそうです。

ただ、インストールする時などに何か問題が起きるかもしれないので、Office Mobileを実際にインストールしたら新たに記事を作ってOffice Mobileをインストールした時の事などを詳しく書きたいと思います。





■ Microsoft Office Personal Edition 2003と関連するもののアンインストール

Microsoft Office Personal Edition 2003と関連するもののアンインストールをしたパソコンは、Windows10(バージョン:1803)です。

OSが違ったり、同じWindows10でもバージョンが違ったりすると、多少、操作方法や画面が違う可能性があります。

Microsoft Office Personal Edition 2003と関連するもののアンインストールは、下記のようにしました。



画像
左下のWindowsのロゴ】 をクリックし、表示されたアプリの一覧から 【Windowsシステムツール】 のフォルダをクリックします。

次に、Windowsシステムツールのフォルダの中にある 【コントロールパネル】 をクリックし、コントロールパネルを起動します。



画像画像
コントロールパネルを起動すると、左右どちらかの画面が表示されると思います。

表示方法がカテゴリの場合(左側の画像)は、 【プログラムのアンインストール】 をクリックします。

表示方法が大きいアイコンまたは小さいアイコンの場合(右側の画像)は、 【プログラムと機能】 をクリックします。



画像
すると、プログラムと機能の画面になり、インストールしているプログラムの一覧が表示されます。

そして、この中からアンインストールするOffice関係のプログラムを探します。


画像にある通りですが、今回のパソコンの場合は、 【2007 Office system 互換機能パック】 のアンインストールをしてから 【Microsoft Office Personal Edition 2003】 のアンインストールをしました。

また、2007 Office system 互換機能パックは、インターネット上からダウンロードして後から追加でインストールしたものなので、インストールされていない場合もあると思います。





■ 2007 Office system 互換機能パックのアンインストール

上記の通りですが、Microsoft Office Personal Edition 2003をアンインストールする前に、2007 Office system 互換機能パックのアンインストールを下記のようにしました。



画像
2007 Office system 互換機能パックを右クリック】 すると、選択肢が表示されるので、 【アンインストール】 をクリックします。



画像
次に、2007 Office system 互換機能パックのアンインストールをして良いかの確認メッセージが表示されるので、 【はい】 をクリックします。



画像
はいをクリックすると、2007 Office system 互換機能パックのアンインストールの準備が始まります。



画像
次に、ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、 【はい】 をクリックします。
(パソコンの設定によって、この画面は表示されない場合があります)



画像
はいをクリックすると、2007 Office system 互換機能パックのアンインストールの作業が始まります。

また、アンインストール終了後は、お知らせのメッセージなどは無く、プログラムと機能の画面のインストールしているプログラムの一覧から2007 Office system 互換機能パックが消えるだけでした。





■ Microsoft Office Personal Edition 2003のアンインストール

2007 Office system 互換機能パックのアンインストール後に、下記のようにMicrosoft Office Personal Edition 2003をアンインストールしました。
(2007 Office system 互換機能パックのアンインストールと同じ要領でアンインストールできます)



画像
Microsoft Office Personal Edition 2003を右クリック】 すると、選択肢が表示されるので、 【アンインストール】 をクリックします。



画像
次に、Microsoft Office Personal Edition 2003のアンインストールをして良いかの確認メッセージが表示されるので、 【はい】 をクリックします。



画像
はいをクリックすると、Microsoft Office Personal Edition 2003のアンインストールの準備が始まります。



画像
次に、ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、 【はい】 をクリックします。
(パソコンの設定によって、この画面は表示されない場合があります)



画像
はいをクリックすると、Microsoft Office Personal Edition 2003のアンインストールの作業が始まります。

また、アンインストール終了後は、お知らせのメッセージなどは無く、プログラムと機能の画面のインストールしているプログラムの一覧からMicrosoft Office Personal Edition 2003が消えるだけでした。

"Microsoft Office 2003のアンインストール方法" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレス(ウイルスバスターで危険の表示をするアドレス)をコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合(クリックすると説明が表示されます)



私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

どうやらInternet Explorerを使うとエラーがでるようで、、、試した中では、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

Internet Explorerでコメントを書き込もうとして、一度でもエーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、Google Chromeなど別のブラウザを使う方が良いみたいです。
(コメントは書き込むのボタンをクリックする前に入力内容をコピーしておくと、何かのエラーで書き込みに失敗しても再度書き込む時にペーストするだけなので楽です)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。

メールアドレス(2021/5/11(火)以降ウェブリブログの仕様変更で無くなります)は、全体に公開されることはありません(私にだけわかるように通知が来るだけ)が、今の所、ウェブリブログの仕様上メールの入力欄は消せないので、そのままになっています。
(私のパソコンなどの機器が、ウイルス対策ソフトでも検出しないようなコンピューターウイルスに知らない間に感染していると、コンピューターウイルス付きのメールを送ってしまう可能性がある為、メールでの返信はしておりません

お名前
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。