この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

エレコムのM-XGL10DBWH(ワイヤレスマウス)を買ってみました。

新規で自作PCを組み立てたので、新たに組み立てた自作PCを操作する為に、このエレコムのM-XGL10DBWH(Lサイズ)という無線方式が2.4GHz帯のワイヤレスマウスを買ってみました。





■ エレコムのM-XGL10DBWH(ワイヤレスマウス)を買ってみました。

画像
パッケージは、こんなので透明のプラスチックに説明書などの紙が挟まれていると言った、いつも買っているエレコムのマウスのパッケージと同じ構造のパッケージでした。



画像
メーカーのホームページにも記載がありますが、パッケージを裏返すと、購入日より6ヶ月保証の記載がありました。



画像
今回購入したワイヤレスマウス(M-XGL10DBWH)は、単3電池1本で動きますが、お試し用の電池も付属しています。

また、ロットによって違うかもしれませんが、今回購入したものには、三菱電機製の単3電池が付属していました。



画像
マウス本体を裏返すと、電池を入れる所やレシーバーを収納する所、ON・OFFのスイッチがあります。

ただ、マウスを持ち歩く事は無いので、レシーバーの収納する所は、個人的には必要ないかなと思っています。

また、ON・OFFのスイッチの操作を頻繁にすると、他の所は壊れていないのにON・OFFのスイッチの故障でマウスの買い換えが必要となるのがイヤと言うのもあり、マウスの省電力機能でマウスの電池はそんなに減らないかなと思って、パソコンの電源を切っている時もワイヤレスマウスのスイッチは常にONにしている状態でON・OFFのスイッチも余り使う事がありません。

今の所、パソコンの電源を入れたままマウスの拭き掃除がしたい時にマウスの電源をOFFにするぐらいでしょうか。



画像
電池を入れる所の蓋をと外すと、電池を入れる所には、こう言ったシートが取り付けされています。
(このシートは、取り外せなくなっています)

このシートは、電池を取り外す時にシートの端を引っ張る事で簡単に電池が取り外せるようにする為のシートです。



画像
こんな風にシートの端を引っ張れるように電池を入れる事で、電池を取り外す時に簡単に電池が取り外せるようになるので、このシートがあると以外と便利です。



画像画像
レシーバーの側面は、穴が空いていないので、この記事で書きました、USB端子から抜けなくなると言う事は、私の環境では起きなくなるかなと思っています。



画像
レシーバーをマウス本体に収納すると、こんな風になります。

爪を完全に切ってしまっている方などの場合は、レシーバーを取り出すのに苦労しそうなので、ボタンを押す事でレシーバーを押し上げる構造にするなど何か工夫があったら良かったかなと思ったりもします。





■ エレコムのM-XGL10DBWH(ワイヤレスマウス)を実際に使ってみて。

今回購入したマウスのサイズはS、M、Lの3サイズがありますが、今回はLサイズを購入してみました。

手の大きさなどに個人差があるので、感じ方は人によって変わると思いますが、今使っているマウスより大きい方が楽かなと思ってLサイズを買ってみた所、私の手には大きすぎたようで、少し操作がし難いです。


また、始めてBlueLEDのマウスを買ったので、使うまではマウスポインターの動作はどうかなと思っていましたが、上のマウスパッドで使ってみた所、個人的には今までの使ってきたレーザー式のワイヤレスマウス(EOECOM:M-LS11DL)と体感差が無く、同じように動きました。

他にも机に敷いている静電気対策用のゴムマットの上や木の机の上などでも試してみましたが、私が普段マウスを使う面の上では特に不自由なく動きます。


ただ、メーカーホームページを見ると、ガラス面にも対応している事になっていますが、 【光が完全に透過するガラス面や、完全にフラットな面上ではトラッキング能力が低下する場合があります】 と注意書きあるので、上手く動かない場合も恐らくあるのだと思います。
(ガラス面などの机は無いので、ガラス面などだと実際にどうなるかは試していません)


また、メーカーホームページを見ると、左右のクリックボタンには耐久性の高いものが使われているようですが、耐久性や電池の持ちに関しては、実際に1年ぐらい使ってみないとわからないので、壊れたり何か新たな事があればまた書きたいと思っています。
(安いマウスを何度か試してみましたが、短期間で壊れるので、このマウスを買ってみました左右のクリックボタン以外の所が先に壊れるかもしれません)

"エレコムのM-XGL10DBWH(ワイヤレスマウス)を買ってみました。" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。