この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

Amazonを装った詐欺メールが届きました。

画像
先日、こう言ったメールがパソコンで使っているメールアドレスに届きました。

内容を確認すると、Amazonのアカウントの情報を24時間以内に更新しないと、アカウントが停止すると言った内容のものですが、おかしな点もあったので、上記のメールがAmazonから送られたものなのかAmazonに確認しました。


Amazonカスタマーサービスからの回答は、Amazonから送られたメールでは無いとの回答で詐欺メールで間違えないようです。


このメールの目的としては、偽のAmazonのページでID(メールアドレス)とパスワードを入力させてAmazonのIDとパスワードを盗み取ると言うのが目的だと思います。

既にIDとパスワードを入力してしまった場合

私と同様のメールが届いた場合で、既にID(メールアドレス)とパスワードを入力されていて、その後に気になって調べた結果、この記事に、辿り着かれた場合、直ぐにパスワードの変更をした方が無難です。


パソコンの場合のAmazonのパスワードの変更方法は、現時点(2019年4月)、右上の 【アカウント&リスト】 にマウスポインタを乗せる  出てきた選択肢の中から 【アカウントサービス】 をクリック  【ログインとセキュリティ】 をクリック  現在のパスワードの所にある 【編集】 のボタンをクリックでパスワードの変更画面まで辿り着きます。


また、Amazonカスタマーサービスから下記の案内もあり、注意喚起などの情報としてお使い下さい。





■ Amazonカスタマーサービスからの案内の内容など

手口は変わっていくと思いますので、これさえしておけば大丈夫と言うものでも無いと思いますが、参考としてご覧下さい。


上記のメールがAmazonから送信されたものでは無い事の案内や

・該当のメールへの返信
・該当のメールに記載の電話番号への電話
・該当のメールの添付ファイルの開封
・該当のメールの本文に記載のURLをクリックして開いたページで個人情報やクレジットカード番号などの情報の登録

と言った行為を控えて頂くように案内があり、その上で違法な業者がAmazon.co.jpやAmazon.comなどの名前をかたってメッセージ(メール)を送信するケースが報告されている案内もありました。


また、対策を講じる為だと思いますが、Amazon的には、こう言った情報が欲しいようで、上記ようなメールを受信した場合、Amazonカスタマーサービスまで連絡して欲しい旨の案内もありました。


また、下記のページの案内もあり、下記のページを読む事で、ある程度の対策もできると思います。

Amazon.co.jp からの連絡かどうかの識別についてのページ

振り込め詐欺などにご注意くださいのAmazonのページ

より安全なパスワードを設定する(Amazonの説明のページ)

2段階認証についてのAmazonの説明のページ

2段階認証を有効にする為のAmazonの説明のページ


上記に加えてSMS(ショートメッセージサービス)でメッセージを受信した場合、被害者を減らす為の情報となるので、利用している携帯会社の窓口へ受信したメッセージを申告しておいて欲しい旨の案内もありました。








また、今回のようなメールに記載のリンクをクリックして、メールに記載のページを開くと言う行為は、コンピューターウイルスに感染するリスクもあるので、止めておいた方が良いと思います。

本当のメールかどうかわからない場合、確実に正規のページだと分かる所のページに記載の電話番号などから問い合わせて本当のメールかどうかの真偽を確かめるのが先かなと思います。

また、記載のページのアドレスが正規のものと違うかどうか確かめる事でも正規のものか確かめる事はある程度できますただ、1文字だけアドレスが違うなど見分けにくい場合もあります。


どうしてもわからない場合は、上記の通りコンピューターウイルスに感染するリスクもあるので、余りよくない方法ですが、メールに記載のページを開き、嘘のIDとパスワードでログインを試みる事です。
(嘘のIDとパスワードでログインや処理が成功するなら、詐欺ページと思って、ほぼ間違え無いと思いますただ、正しく入力してもログインが失敗するように偽ページを作っている可能性もあるので一概には言えません)

ただ、この嘘のIDとパスワードでログインを試みるという方法は、最終手段と考えて下さい。
(こんな事をしなくても、通常は正規のページから問い合わせれば真偽はハッキリします)

"Amazonを装った詐欺メールが届きました。" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
コメント時にエラーが出てコメントができない場合

私が設定している制限事項に該当しない書き込みのハズなのに、エラーが出てコメントが書き込めない場合があります。

制限事項に該当しない書き込みでもエラーが出る条件がイマイチわかっていませんが、、、何度か試していると、 【お名前の所に@など特殊文字を使用する】 や 【認証コードを1番最初に入力する】 をするとエラーが出ることが多いです。

一度エーラーが出ると、最初から入力し直しても、しつこくエラーが出続ける場合が多いので、一旦ページをブラウザ(Google ChromeやInternet Explorerなど)の×をクリックして該当のタブを閉じて、ページを開き直してから書き込む方がエラーが解消しやすいです。
(コメントはアプリの中にあるメモ帳などに一旦コピーペーストしておくと書き直ししなくて済みます)

お名前、メールアドレス、ホームページアドレスの3つは未入力可に設定してあるので、コメントと認証コードだけ入力すればコメントは書き込めます。
(試した中では、これが一番エラーが出にくいです)
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。