この記事で書きましたように、火事になりかねない状況を放置などありましたので、【ロイヤルバス】、【エイブル】ご利用時は、ご注意下さい。

AnkerのUSB ケーブルの被覆が割れちゃいました。

このAnkerのUSBケーブルをPanasonicのウェアラブルカメラの給電に使っています。

先日、コネクターの根元の被覆にヒビが入ったので、使用できた期間などを情報として書いておきます。






■ AnkerのUSB ケーブルの被覆が割れちゃいました。


画像
ドライブレコーダー代わりに自転車に取り付けしているPanasonicのウェアラブルカメラの給電用のUSBケーブルとしてAnkerのUSB ケーブルを使っていましたが、こんな風にコネクター(micro USB Type-B側)の根元が割れてしまいました。

Amazonで購入履歴を確認すると2016年4月末頃に購入しているようで、その時期から1本のケーブルを交換無しで使ってきたので、3年と5ヶ月ほど使えたことになります。
(ヒビが入る1週間ほど前にもケーブルの状態を確認をしていますが、その時はヒビは確認できずでした)





エレコム マイクロUSBケーブル microUSB スタンダード 急速充電対応 [表裏がわかりやすい、台形コネクターを採用] 転送・充電 2A出力 0.8m ブラック MPA-AMB2U08BK
エレコム マイクロUSBケーブル microUSB スタンダード 急速充電対応 [表裏がわかりやすい、台形コネクターを採用] 転送・充電 2A出力 0.8m ブラック MPA-AMB2U08BK
そして、AnkerのUSB ケーブルを使う前は、このエレコムのUSBケーブルを使っていましたが、このエレコムのUSBケーブルは半年ほどで同じようにコネクター(Type-A側)の根元にヒビが入っています。


できる限りコネクターの根元が折れ曲がったりして負荷が掛からないように使っていますが、上記でも書きましたように、自転車で使っているので、USBケーブルに常に振動がかかる状態での使用なので個人的には、コネクターの根元にヒビが入る(断線しかける)のは仕方ないと思います。
(もしかすると、日光による劣化もあるのかも

ただ、AnkerのUSBケーブルの方が1本あたりの単価としても安く、断線もし難いと言う結果に今回はなりました。




KURE(呉工業) コンタクトスプレー(300ml) 接点復活剤 1047 [HTRC2.1]
KURE(呉工業) コンタクトスプレー(300ml) 接点復活剤 1047 [HTRC2.1]
使っているAnkerのUSB ケーブルは、データ転送と充電のどちらにも対応しているので、モバイルバッテリーとパソコンに繋ぐのに使っていますが、私の使用機器の場合は、USB ケーブルが新しい間はエレコムのUSB ケーブルに比べるとAnkerのUSB ケーブルの方が抜き差しが固めです。


こう言った接点復活剤を使うと抜き差しがある程度はスムーズになりますが、振動が掛かる使用環境なら選択肢の1つとしてAnkerのUSB ケーブルを考えても良いかなと言ったUSBケーブルだと思います。

"AnkerのUSB ケーブルの被覆が割れちゃいました。" へのコメントを書く

記事の内容以外の事で私に伝えたい事などありましたら、こちらの記事のコメント欄をご利用下さい。

ウェブリブログのリニューアル後、文字数制限が何字なのか不明です。
文字数制限に引っかかるようでしたら、何回かに分けてコメントして下さい。

また、詐欺サイトと思うアドレスなどをコメント欄に書き込まれる方がいらっしゃるので、コメントの公開は私の承認制に設定しております。
コメントの公開まで、しばらくお時間を頂く事になってしまいますが、ご了承下さい。
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。